ショパンなんでもランキング【その1】超!「調」ランキング~

おすすめ

ショパンお気に入りの調性は?

ショパン作品一覧を作成するために作った,ショパン全作品のデジタルデータベースを活用して,気になるあれやこれやを調査する企画の第2段!

前回はショパンの作品が全部で何曲なのか,正確に数え上げました。

ショパンの作品数~ズバリお答えします!~
ショパンの全作品の詳細をご覧になりたい方は,ショパン作品一覧をご覧ください。 ショパンの作品は全部で何曲あるの? 専門家でも正確に答えられない難問 ショパン愛好家であることを公言している当サイト管理人は...

そして,最大で277曲,最小で191曲,常識的な数え方で258曲という結果になりました。

今回は,常識的な数え方でカウントした258曲全ての調性を集計

ショパンが作品に使用した,最もお気に入りの調性は何調なのか。

ランキング形式で発表していきます!

258曲のうち,2つの教会音楽と,3声のカノン,軍隊行進曲は調性が不明なので除外し,調性の確認できる254曲で使用されている「調」についてランキングを掲載します。

「調」についておさらい

調は全部で30

まずは,調性の基本をおさらいします。

長調 短調
前奏曲集Op.28で使われた調 異名同音調 前奏曲集Op.28で使われた調 異名同音調
ハ長調 イ短調
ト長調 ホ短調
ニ長調 ロ短調
イ長調 嬰ヘ短調
ホ長調 嬰ハ短調
ロ長調 変ハ長調 嬰ト短調 変イ短調
嬰ヘ長調 変ト長調 変ホ短調 嬰ニ短調
変ニ長調 嬰ハ長調 変ロ短調 嬰イ短調
変イ長調 ヘ短調
変ホ長調 ハ短調
変ロ長調 ト短調
ヘ長調 ニ短調

調は,長調が12,短調が12の24ですが,異名同音調が6あるので,全部で30になります。

上の表では,前奏曲集Op.28で使用された24の調を赤文字で示しています。

バッハを尊敬していながら,平均律クラヴィーア曲集で使用された嬰ハ長調や嬰ニ短調ではなくて,変ニ長調や変ホ短調を選んでいるあたり,こだわりを感じます。

ショパンが使用しなかった調性

ショパンは,前奏曲集Op.28で使用した調以外では,変ト長調も使用しています

しかしそれ以外の調は一度も使用していません。

変ハ長調や変イ短調や嬰イ短調は,使用されること自体がほとんどない調なので,ショパンが使用していないのも納得ですが,嬰ハ長調や嬰ニ短調の曲もなかったんですね。

ということで,ショパンが生涯で使用した調は全部で25ということになります。

25位から12位まで

順位 調 作品数 割合
12位 変ニ長調 9曲 3.54% 前奏曲Op.28-15『雨だれ』 ワルツOp.64-1『小犬のワルツ』 エチュードOp.25-8『6度のエチュード』 ノクターンOp.27-2 子守歌 珠玉の名曲たち!
12位 ト長調 9曲 3.54% 前奏曲Op.28-3 マズルカ4曲,歌曲2曲など小品ばかり
14位 ロ長調 8曲 3.15% 前奏曲Op.2-11 ノクターンOp.9-3 ノクターンOp.62-1 他,マズルカ3曲など小品ばかり
14位 ホ短調 8曲 3.15% 協奏曲第1番Op.11 エチュードOp.25-5 前奏曲Op.28-4 名曲が多い
14位 ニ長調 8曲 3.15% 前奏曲Op.28-5 マズルカ3曲,歌曲2曲など小品ばかり
17位 ロ短調 7曲 2.76% ピアノソナタ第3番Op.58 エチュードOp.25-10 前奏曲Op.28-6 スケルツォ第1番Op.20 名曲が多い
17位 変ロ短調 7曲 2.76% ピアノソナタ第2番Op.35『葬送行進曲付き』 スケルツォ第2番Op.31 前奏曲Op.28-16 ノクターンOp.9-1 名曲が多い
17位 イ長調 7曲 2.76% 演奏会用アレグロOp.46 ポロネーズOp.40-1『軍隊ポロネーズ』 前奏曲Op.28-7
20位 変ト長調 6曲 2.36% エチュードOp.10-5『黒鍵』 エチュードOp.25-9『蝶々』 即興曲第3番Op.51 ワルツOp.70-1 粒ぞろい 前奏曲集Op.28では使われませんでした。
20位 嬰ヘ短調 6曲 2.36% ポロネーズOp.44 前奏曲Op.28-8 ノクターンOp.48-2 マズルカOp.59-3
22位 ニ短調 5曲 1.97% 前奏曲Op.28-24 主要作品は少ない
22位 変ホ短調 5曲 1.97% エチュードOp.10-6 前奏曲Op.28-14 マズルカOp.6-4 ポロネーズOp.26-2
24位 嬰ヘ長調 4曲 1.57% 舟歌Op.60,前奏曲Op.28-13 即興曲第2番Op.36 ノクターンOP.15-2 4曲全てが生前出版
24位 嬰ト短調 4曲 1.57% エチュードOp.25-6『3度のエチュード』 前奏曲Op.25-12 マズルカOp.33-1 粒ぞろい

嬰ヘ長調と変ト長調は異名同音調なので,同じ調だと考えると全部で10曲となり,ランクも一気に11位となります。

当サイト管理人は,ショパンの変ニ長調が大好きなのですが,曲数は意外と少なくて驚きました。

11位から6位まで

順位 調 作品数 割合
6位 変ホ長調 13曲 5.12% 華麗なる大円舞曲Op.18 ノクターンOp.9-2,Op.55-2 エチュードOp.10-11 アンダンテ・スピアナートと大ポロネーズOp.22 前奏曲Op.28-19
7位 変ロ長調 12曲 4.72% 「ラ・チ・ダレム・ラ・マノ」による変奏曲Op.2 前奏曲Op.28-21 小品が多く,主要作品は少ない
7位 ハ短調 12曲 4.72% ロンドOp.1 エチュードOp.10-12『革命』,Op.25-12『大洋』 ポロネーズOp.40-2 ピアノソナタ第1番Op.4 前奏曲Op.28-20 ノクターンOp.48-1
7位 ト短調 12曲 4.72% バラード第1番Op.23 チェロソナタOp.65 前奏曲Op.28-22 ノクターンOp.15-3,37-1 マズルカOp.24-1 三重奏曲Op.8 ポロネーズ(ショパン7才の作品)
10位 ヘ長調 11曲 4.33% バラード第2番Op.38 エチュードOp.10-8,Op.25-3 前奏曲Op.28-23 ロンド・ア・ラ・マズルOp.5 ロンド・ア・ラ・クラコヴィアクOp.14 ワルツOp.34-3『猫のワルツ』 ノクタンーンOp.15-1
11位 ホ長調 10曲 3.94% スケルツォ第4番Op.54 エチュードOp.10-3『別れの曲』 前奏曲Op.28-9 ノクターンOp.62-2

ここまで来ると,各調とも名作・大作ばかり。

でも,変ロ長調だけ曲数が多いわりに,ぱっと目立つ作品がありませんでした。

4位!

第4位は,ヘ短調と嬰ハ短調でした!

それぞれ,15曲ずつ,作品全体の5.91%ずつに使用されています!

ヘ短調の作品

15曲中,13曲に作品番号がつけられており,主要作品ばかりです。

  • マズルカOp.7-3
  • エチュードOp.10-9,25-2
  • 協奏曲第2番Op.21 ※大曲
  • 前奏曲Op.28-18
  • 幻想曲Op.49 ※大曲
  • バラード第4番Op.52 ※大曲
  • ノクターンOp.55-1
  • マズルカOp.63-2,Op.68-4
  • ワルツOp.70
  • ポロネーズOp.71-3
  • 歌曲「私の前から消えて!」Op.74-6
  • 3つの新しいエチュードの第1番
  • オクターブのカノン ※未完成

嬰ハ短調の作品

15曲中,実に14曲に作品番号がつけられており,しかも13曲は生前出版。
主要作品ばかりです。

  • マズルカOp.6-2,Op.30-4,Op.41-4(多くの版ではOp.41-1となっている),Op.50-3,Op.63-3
  • エチュードOp.10-4,25-7
  • ポロネーズOp.26-1
  • ノクターンOp.27-1
  • 前奏曲Op.28-10
  • スケルツォ第3番Op.39 ※大曲
  • 前奏曲Op.45
  • ワルツOp.64-2
  • 幻想即興曲Op.66
  • ノクターン『レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ』

いよいよ3位!

いよいよベストスリーです!

第3位は・・・イ短調でした!

16曲がイ短調で書かれており,作品全体の6.30%になります!

イ短調の作品

16曲中,生前に出版された作品は8曲だけ。

木枯らしのエチュード以外は目立った作品もなく,小品ばかりです。

  • マズルカOp.7-2,Op.17-4,Op.59-1,Op.67-4,Op.68-2
    マズルカ『ノートルタン』『エミール・ガイヤール』
  • エチュードOp.10-2,Op.25-4,Op.25-11『木枯らし』
  • 前奏曲Op.28-2
  • 3つの華麗なる円舞曲の第2番Op.34-2
  • 歌曲「あるべきものなく」Op.74-13,歌曲「ドゥムカ」
  • ワルツKK番号IVb-11
  • フーガ

2位!

第2位は・・・ハ長調でした!

17曲がハ長調で書かれており,作品全体の6.69%になります!

ハ長調の作品

イ短調同様,生前に出版されたのは9曲だけで,小品がほとんどです。

  • 序奏と華麗なるポロネーズOp.3
  • マズルカOp.7-5(エキエル番ではOp.6-5),Op.24-2,Op.33-2(多くの版ではOp.33-3となっている),Op.56-2,Op.67-3,Op.68-1,マズルカKK番号IVb-3
  • エチュードOp.10-1,Op.10-7
  • ボレロOp.19
  • 前奏曲Op.28-1
  • 2台ピアノのためのロンドOp.73,およびそのピアノ独奏編曲版
  • 歌曲「酒の歌」Op.74-4
  • ワルツVb-3,Vb-8 ※2曲とも失われた作品

1位に輝いたのは・・・

ショパンは,254もの作品に様々な調を用いています。

ショパンが作曲に使用した調は全部で25。

そのうち,最も多くの作品に使われていた調は・・・

変イ長調でした!

2位以下を大きく突き放し,なんと,28曲もの作品が変イ長調で書かれています!

これは,作品全体の実に11.02%を占めます!

しかも,そのうち20曲には作品番号がつけられており,18曲が生前に出版されています。

変イ長調の作品

  • マズルカOp.7-4,Op.17-3,Op.24-3,Op.41-3(多くの版ではOp.41-4となっています),Op.50-2,Op.59-2
  • エチュードOp.10-10,Op.25-1『「エオリアンのハープ』『牧童』
  • 前奏曲Op.28-17
  • 即興曲第1番Op.29
  • ノクターンOp.32-2
  • 3つの華麗なる円舞曲の第1番Op34-1
  • ワルツOp.42
  • タランテラOp.43
  • バラード3番Op.47 ※大曲
  • ポロネーズOp.53『英雄ポロネーズ』 ※大曲
  • 幻想ポロネーズOp.61 ※大曲
  • ワルツOp.64-3
  • ワルツOp.69-1『別れのワルツ』
  • 歌曲「つわもの」Op.74-10
  • 3つの新しいエチュードの第2番
  • ポロネーズ ※ショパン11才の作品。自筆譜の残る最も初期の作品。
  • ワルツKK番号IVa-13
  • マズルカKK番号IVb-4
  • 前奏曲KK番号IVb-7
  • ギャロップ・マルキ
  • ワルツKK番号Vb-4,Vb-5 ※2曲とも失われた作品

小品から大作まで,珠玉の名作が並びます。

当サイト管理人も驚きの結果

  • ショパンの作品に最も多く使われていた調は変イ長調
  • ショパンの作品254曲のうち,28曲が変イ長調で書かれている
    これは作品全体の11.02%(なんと!)

変イ長調の作品がこんなに多かったことや,こんなにも偏って,突出して11%もの作品に使われている調があったことなど,集計してみてはじめて気が付き驚きました!

今回は以上!

タイトルとURLをコピーしました