2021.09.19 ショパン作品一覧【ワルツ全27曲】を公開しました!

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

エチュード
スポンサーリンク
  1. ショパンがエチュード(練習曲集)Op.10,Op.25に記譜した演奏指示【一覧表】
    1. Op.10
    2. Op.25
  2. ショパンがエチュード(練習曲集)Op.10,Op.25に記譜した演奏指示【解説】
    1. Op.10-1 ハ長調 Etude in C major ‘Waterfall’
    2. Op.10-2 イ短調 Etude in A minor ‘Chromatique’
    3. Op.10-3 ホ長調『別れの曲』 Etude in E major ‘Tristesse’
    4. Op.10-4 嬰ハ短調 Etude in C♯ minor ‘Torrent’
    5. Op.10-5 変ト長調 『黒鍵』 Etude in G♭ major ‘Black Keys’
    6. Op.10-6 変ホ短調 Etude in E♭ minor ‘Lament’
    7. Op.10-7 ハ長調 Etude in C major ‘Toccata’
    8. Op.10-8 ヘ長調 Etude in F major ‘Sunshine’
    9. Op.10-9 ヘ短調 Etude in F minor
    10. Op.10-10 変イ長調 Etude in A♭ major
    11. Op.10-11 変ホ長調 Etude in E♭ major ‘Arpeggio’
    12. Op.10-12 ハ短調『革命』 Etude in C minor ‘Revolutionary’
    13. Op.25-1 変イ長調 『エオリアン・ハープ』 Etude in A-flat major ‘Aeolian Harp’
    14. Op.25-2 ヘ短調 Etude in F minor ‘The Bees’
    15. Op.25-3 ヘ長調 Etude in F major ‘The Horseman’
    16. Op.25-4 イ短調 Etude in A minor ‘Paganini’
    17. Op.25-5 ホ短調 Etude in E minor ‘Wrong Note’
    18. Op.25-6 嬰ト短調 Etude in G-sharp minor ‘Thirds’
    19. Op.25-7 嬰ハ短調 Etude in C-sharp minor ‘Cello’
    20. Op.25-8 変ニ長調 Etude in D-flat major ‘Sixths’
    21. Op.25-9 変ト長調『蝶々』 Etude in G-flat major ‘Butterfly’
    22. Op.25-10 ロ短調 Etude in B minor ‘Octave’
    23. Op.25-11 イ短調 『木枯らし』 Etude in A minor ‘Winter Wind’
    24. Op.25-12 ハ短調 『大洋』 Etude in C minor ‘Ocean’

ショパンがエチュード(練習曲集)Op.10,Op.25に記譜した演奏指示【一覧表】

この記事では,ショパンがエチュードOp.10,Op.25に書き込んだ,

  • 発想記号
  • 速度記号
  • 強弱記号

をまとめます。

クレッシェンドとディミヌエンド,スラーやタイ,アクセント,フォルツァンド,フェルマータは拾い上げていません。

Op.10

Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-1 冒頭

Allegro;快速に。活発に。

f
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
legato;音の間に切れ目を感じさせないように滑らかに。
35   f
45   f
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-2 冒頭 Allegro;快速に。活発に。 p

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
sempre legato;常に音の間に切れ目を感じさせないように滑らかに。
5 sempre legato;常に滑らかに。  
11 sempre legato;常に滑らかに。  
19 sempre legato;常に滑らかに。  
21 sempre legato;常に滑らかに。  
25   f
29   f
30   p
35 sempre legato;常に滑らかに。  
43   f
45 sempre legato;常に滑らかに。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-3『別れの曲』 冒頭 Lento ma non troppo;遅く,しかし遅すぎないように。 p
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
legatiss. = legatissimo ;とても滑らかに。
7 stretto;せき込んで。緊迫して。  
8 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
15 stretto;せき込んで。緊迫して。  
16 con forza;力を込めて。  
e ritenuto;そして,ただちに速度を緩める。  
17   ff
18 sempre legato;常に音の間に切れ目を感じさせないように滑らかに。  
20 rall. = rallentando;だんだん遅くする。 pp
21 poco piu animato;少し,今までよりも,活発に速く。  
30   f
31   p
34   f
35   p
42   ff
43 con forza;力を込めて。  
44 sempre piu con fuoco;常に,今までよりも,熱烈に・火のように。  
45 con bravura;心を込めて大胆に。とても巧みに。技術を誇って。 f
51 stretto;せき込んで。緊迫して。  
53 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
54 legatissimo ;とても滑らかに。 p
56 sempre p;常にp(ピアノ)で。
60 smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
61 poco rall. = poco rallentando;少し,だんだん遅くする。  
62 a tempo;元の速度で。 p
legatiss. = legatissimo ;とても滑らかに。
68 stretto;せき込んで。緊迫して。  
70   f
73   pp
75 rall. = rallentando;だんだん遅くする。  
76 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-4 冒頭 Presto con fuoco;火のように極めて速く。 f
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
1   p
4   f
8   p
12   f
16   f
35   f
38   f
45   ff
46 con forza;力を込めて。  
47   p
55   f
62   ff
69   ff
70   fff
71 con piu fuoco possibile;可能な限り,さらに熱烈に・火のように。 ff
79   ff
81   ff
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-5『黒鍵』 冒頭 Vivace;生き生きと。速く。 f
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
brillante;華やかに。輝かしく。
2   p
3 legato;音の間に切れ目を感じさせないように滑らかに。  
5   f
6   p
8 poco rall. = poco rallentando;少し,だんだん遅くする。 pp
9 a tempo;元の速度で。 f
10   p
13   f
14   p
17   p
33 sempre legatissimo ;常に,とても滑らかに。 f
35   f
41   p
49   f
50   p
53   f
54   p
64 poco rall. = poco rallentando;少し,だんだん遅くする。  
65 delicatiss. = delicatissimo(delicatissimamente);極めて繊細に pp
smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。
67 a tempo;元の速度で。 p
legato;音の間に切れ目を感じさせないように滑らかに。
71   p
75   f
78   ff
83   ff
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-6 冒頭 Andante;アレグレットとアダージョの中間の速度。 p
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
con molto espressione;とても,表情豊かに
(左手) sempre legatissimo ;常に,とても滑らかに。
5   f
8 (左手) sempre legato;常に,滑らかに。  
16 (左手) pesante;重々しく。  
21 (左手) legatiss. = legatissimo ;とても滑らかに。 p
24   p
30 stretto;せき込んで。緊迫して。  
38 poco ritenuto;少し,ただちに速度を緩める。  
39 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
49 sostenuto;音を十分に保って。  
51 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
rall. = rallentando;だんだん遅くする。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-7 冒頭 Vivace;生き生きと。速く。 p
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
5   p
17 delicato;繊細に。優美に。  
44   p
48   f
54   f
58   ff
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-8 冒頭 Allegro;快速に。活発に。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
1 veloce;敏速に。速く。  
9   f
23   f
38 (左手) marcato;1音1音をはっきり奏する。 f
40   f
41   f
56 poco rall. = poco rallentando;少し,だんだん遅くする。  
57   pp
61   f
69   f
71   ff
73   f
75   p
81 sempre legatissimo ;常に,とても滑らかに。  
85 sempre legatissimo ;常に,とても滑らかに。  
87   p
88   pp
89   f
91 con forza;力を込めて。  
94   ff
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-9 冒頭 Allegro molto agitato;非常に興奮してせき込むように速く p
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
(左手) legatissimo ;とても滑らかに。
3 con forza;力を込めて。  
5 (左手) segue = simile;今までと同様に。  
8 ritard. = ritardando;だんだん遅くする。  
9 a tempo;元の速度で。  
sotto voce;ひそやかな声で。ひそひそと。  
(左手) sempre legatissimo ;常に,とても滑らかに。  
17   p
19  

f

21   p
23

sempre piu stretto e piu forte;常に,今までよりも緊迫して,そして今までよりも強く

 
26 acceler. = accelerando;次第に速く。  
28   ff
29   f
30   pp
31 stretto;せき込んで。緊迫して。 f
32   pp
33 appassionato;情熱的に。激しく f
34   pp
35   f
36 poco rall. = poco rallentando;少し,だんだん遅くする。 pp
37 a tempo;元の速度で。  

sempre agitato;常に,興奮してせき込んで。

 
(左手) sempre legato;常に,滑らかに。  
45 con forza;力を込めて。  
51 stretto;せき込んで。緊迫して。  
53 acceler. = accelerando;次第に速く。  
56   p
57 sotto voce;ひそやかな声で。ひそひそと。  
58   pp
59   p
60 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。 pp
61   ff
62   pp
63 ritenuto;ただちに速度を緩める。 ff
64   pp
65 leggierissimo;とても軽やかに優美に。 ppp
66 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-10 冒頭 Vivace assai;きわめて速く  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
(左手) legatissimo ;とても滑らかに。  
9 (左手) legatissimo ;とても滑らかに。 p
13 staccato;音を音価より短く切る。  
17 (左手) legatissimo ;とても滑らかに。 f
25   f
27 sotto voce;ひそやかな声で。ひそひそと。 p
33   p
43   f
51

legatissimo ;とても滑らかに。
*多くの版ではleggierissimoになっている。

 
53 dolcissimo;極めて甘く。極めて柔和に。極めて愛らしく。  
54 rall. = rallentando;だんだん遅くする。  
55 a tempo;元の速度で。  
69 dolciss. = dolcissimo;極めて甘く。極めて柔和に。極めて愛らしく。  
leggierissimo;とても軽やかに優美に。  
74 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-11 冒頭 Allegretto;やや快速に。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
24 con forza;力を込めて。  
25 dolce;甘く。愛らしく。柔らかに。  
26 poco ritenuto;少し,ただちに速度を緩める。 pp
28 dolcissimo;極めて甘く。極めて柔和に。極めて愛らしく。 pp
29   p
32 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
48   f
50   p
51 smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
52   f
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
10-12『革命』 冒頭 Allegro con fuoco;火のように速く。 f
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
(左手) legatissimo ;とても滑らかに。
3   f
5 con fuoco;熱烈に。火のように。  
10   f
11   p
12   f
15 con forza;力を込めて。  
20 sotto voce;ひそやかな声で。ひそひそと。 p
26 stretto;せき込んで。緊迫して。  
29   f
41   ff
43   f
45   f
51   p
52   f
53   p
60   f
61   p
62   f
63   p
65   ff
67   f
69   p
71   p
75 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
77 sotto voce;ひそやかな声で。ひそひそと。  
78   pp
80 poco rall. = poco rallentando;少し,だんだん遅くする。 pp
81 ed appassionato;そして,情熱的に。激しく ff

 

Op.25

Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱

25-1『エオリアン・ハープ』

冒頭 Allegro sostenuto;快速に。活発に。音を十分に保って。 p
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
8   f
9   p
22   p
24 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
26   f
34 appassionato;情熱的に。激しく  
36   p
39   pp
42 smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
44 leggieriss. = leggierissimo;とても軽やかに優美に。 pp
47   ppp
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-2 冒頭 Presto;極めて速く。 p
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
molto legato;非常に滑らかに。
43   f
45   p
47 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
51 sempre piano;常に弱く。  
68   pp
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-3 冒頭 Allegro;快速に。活発に。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
leggiero;軽く,優美に。  
23   p
27 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
29 in tempo;正確な拍子で。一定のテンポを保って。  
43   p
47 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
49 in tempo;正確な拍子で。一定のテンポを保って。 f
58   p
68 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-4 冒頭 Agitato;興奮してせき込んで。 p
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
9 (高音パート) legato;音の間に切れ目を感じさせないように滑らかに。  
(内声パートと低音パート) staccato;音を音価より短く切る。  
17   pp
19   f
27   f
31 poco ritenuto;少し,ただちに速度を緩める。 pp
33   f
35   p
39   p
54   p
55   pp
57   f
59   pp
62 rall. = rallentando;だんだん遅くする。  
63 lento;遅く。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-5 冒頭 Vivace;生き生きと。速く。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
leggiero;軽く,優美に。  
scherzando;たわむれるように。軽快に。諧謔的に。  
14   f
17 dolce;甘く。愛らしく。柔らかに。  
29   p
42   f
45 Piu lento;今までより遅く。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
(高音部) leggiero;軽く,優美に。  
(中音域) sostenuto;音を十分に保って。  
73   f
81 leggierissimo;とても軽やかに優美に。 p
96 smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
98 Tempo Ⅰ= tempo primo;最初の速さで。曲の始まりの時の速さで。 p
124   ff
126   p
130   f
137 con forza;力を込めて。  
138   fff
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-6 冒頭 Allegro;快速に。活発に。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
sotto voce;ひそやかな声で。ひそひそと。  
15   f
23   f
27 leggierissimo;とても軽やかに優美に。  
31   f
47   f
49 sotto voce;ひそやかな声で。ひそひそと。  
53   pp
57   f
61   p
62 lento;遅く。 f
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-7 序奏 Lento;遅く。 p
1 ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】 pp
11 (低音部にpp) pp
15 (低音部にpp) pp
18 (高音部にpp) pp
19 (中音域にpp) pp
25 (低音部にf) f
27 ritenuto;ただちに速度を緩める。 ff
28   p
(低音部と高音部両方にpp) pp
35 (高音部にppp) ppp
(低音部に)smorz. = smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
40 (低音部にpp) pp
44 poco ritenuto;少し,ただちに速度を緩める。  
60   pp
62 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
63   f
65 smorzando;だんだん遅く、そしてだんだん弱く。消えるように。rit.+dim.。  
66   pp
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-8 冒頭 Vivace;生き生きと。速く。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
molto legato;非常に滑らかに。  
mezza voce;半分の声で。声量を落としやわらげた声で。  
19   f
28   f
35   ff
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-9『蝶々』 冒頭 Allegro assai;とても速く。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
leggiero;軽く,優美に。  
17   p
25   f
33 appassionato;情熱的に。激しく ff
36 ritenuto;ただちに速度を緩める。  
37   p
41 leggierissimo;とても軽やかに優美に。  
50   pp
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-10 冒頭 Allegro con fuoco;火のように速く。  
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
5   f
13   ff
27   fff
29 Lento;遅く。 p
31 ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】  
ben legato;十分に音を滑らかに。  
39 sempre piano;常に弱く。  
45 rit. = ritardando;だんだん遅くする。  
65 rit. = ritardando;だんだん遅くする。  
90 sotto voce e sempre legato;ひそやかな声で。ひそひそと。そして,常に滑らかに。  
102 accelerando;次第に速く。  
104 Tempo Ⅰ= tempo primo;最初の速さで。曲の始まりの時の速さで。 f
107   ff
115 il piu forte possibile;できるだけ強く最大の音量で。  
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-11『木枯らし』 1 Lento;遅く。 p
3   pp
5 Allegro con brio;活気をもって,快速に。 f
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
risoluto;決然と。きっぱりと。断固として。
9 marcato;1音1音をはっきり奏する。  
13   f
23   f
31   f
41   f
49 marcato;1音1音をはっきり奏する。 f
55   f
61   ff
63   ff
65   p
69   f
73 marcato;1音1音をはっきり奏する。  
77   f
83   ff
85   p
87   f
89   ff
92   ff
93   fff
Op. 小節 発想記号・速度記号 強弱
25-12『大洋』 冒頭 Allegro molto con fuoco;火のように,非常に速く。 f
ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】
23   f
43   ff
67 il piu forte possibile;できるだけ強く最大の音量で。  
82   fff
スポンサーリンク

ショパンがエチュード(練習曲集)Op.10,Op.25に記譜した演奏指示【解説】

Op.10-1 ハ長調 Etude in C major ‘Waterfall’

書かれている発想記号・速度記号は,冒頭に書かれているAllegrolegatoのみ。
強弱記号もfが冒頭と35小節目,45小節目の3箇所に書かれているのみ。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

他の作品よりも演奏指示がたくさん書かれている練習曲集の中にあって,
Op.10-1は書かれている演奏指示が少ないです。

演奏指示,強弱記号をあわせても5個しか演奏指示が書かれていません。
これは練習曲集全24曲の中でも最小です。

Op.10-2 イ短調 Etude in A minor ‘Chromatique’

ショパンさん,sempre legatoって書きすぎです。
1分ちょっとの作品に,なんと7回もsempre legatoと書かれています。
よほどレガートに演奏してほしかったようですね。

ショパン
ショパン

sempre legato,sempre legato,sempre legato・・・

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.10-3 ホ長調『別れの曲』 Etude in E major ‘Tristesse’

終始,ことこまかな演奏指示が書き込まれています。
その数なんと24箇所!
これはOp.10-9と並んで最多です。

strettoritenutorallentandoなど,速度に関する演奏指示が多数書かれています。
速度に関する指示は抒情的な主部と再現部に特にたくさん書かれています。

これは,ショパンの抒情的な作品を演奏する際の指標となる重要な記譜です。

ショパンはテンポ・ルバート(伴奏をインテンポに保ちながら,旋律のテンポを自由に揺れ動かす奏法)がよく知られています。
ショパンはテンポ・ルバートとは別に,自然なテンポの揺れも大切にしていました。

ショパンがOp.10-3に記譜した演奏指示を忠実に守って繰り返し演奏することで,
ショパンらしい自然なテンポの揺れを体得することができます。

45小節目にcon bravuraブラヴーラという珍しい演奏指示が書き込まれています。
ショパンの作品はもちろん,他の作曲家の作品にもあまり見ることのない演奏指示です。
当サイト管理人が不勉強なだけかもしれませんが。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

bravura は「上手さ」「器用さ」「熟練」といった意味があるそうで,
con bravuraは「かっこよく上手に演奏してね」という指示になります。

控えめで慎み深いショパンには似つかわしくない演奏指示ですね。

ショパン
ショパン

かっこよく弾いてね

Op.10-4 嬰ハ短調 Etude in C♯ minor ‘Torrent’

ショパンがめったには書かないffを6回も!書いています。
これはOp.25-10『木枯らし』の5回をおさえて最多です。
6回のうち5回は,再現部の終わりごろの62小節目から,曲の最後にかけてかたまって書かれています。

Op.10-4では70小節目にfffも書かれています。
fffは練習曲集24曲の中でも5回しか使われていない特別な指示です。
特にOp.10の練習曲集でfffが書かれているのはOp.10-4ただ1曲だけです。

71小節目にはcon piu fuoco possibile「可能な限り,さらに熱烈に・火のように」と書かれています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

ショパンがいかに激しい激情をこの作品に求めたのかがわかります。

Op.10-5 変ト長調 『黒鍵』 Etude in G♭ major ‘Black Keys’

強弱記号がたくさん書かれています。
fpfp→・・・と頻繁に強弱が入れかわる作品です。
2分弱の作品の中に,なんと強弱記号が23個も!書かれています。
これは,Op.10-12『革命』の24個に次ぐ多さです。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

冒頭のbrillante『華やかに。輝かしく』の演奏指示が,この作品の魅力を表しています。

65小節目にはdelicatiss. = delicatissimo(delicatissimamente)『極めて繊細に』と書かれています。
ノクターンにはよく書かれている演奏指示ですが,
練習曲集ではこの場面にしか書かれていません。

Op.10-6 変ホ短調 Etude in E♭ minor ‘Lament’

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

演奏全体ではなく,左手の16分音符で作られた音型のみへの演奏指示が書かれています。
legatissimopesanteなどの指示が書かれています。

冒頭にcon molto espressione『とても,表情豊かに』の指示があります。
ショパンの作品では「表情豊かに」演奏するのは半ば当然です。
ショパンがあえてespressioneと書いているということは,最上級に「表情豊か」な演奏が求められています。

Op.10-7 ハ長調 Etude in C major ‘Toccata’

冒頭にVivace,17小節目にdelicatoの指示があるのみ。
他の作品よりも演奏指示がたくさん書かれている練習曲集の中にあって,
Op.10-7は書かれている演奏指示が少ないです。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.10-8 ヘ長調 Etude in F major ‘Sunshine’

冒頭に強弱記号がありません

発想記号・速度記号は7個しか書かれていませんが,強弱記号は多数書かれています。

1小節目にveloce『敏速に。速く』と書かれています。
ショパンの作品ではめずらしい演奏指示です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.10-9 ヘ短調 Etude in F minor

終わりごろ65小節目にpppが書かれています。
pppは練習曲集24曲の中でも,たったの3回しか使われていない特別な指示です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

ショパンがめったには書かないppも,8個も書かれています
これは練習曲集全24曲の中ではOp.25-7の9個に次いで2番目に多いです。

ppfや,ppffのようにダイナミクスの大きい強弱を繰り返す場面があります。

終始,演奏指示が書き込まれていて,その数はなんと24箇所!
これはOp.10-3『別れの曲』と並んで最多です。

強弱記号もたくさん書かれていて,その数は22個!
練習曲集全24曲の中では,
Op.10-12『革命』の24個,Op.10-5『黒鍵』の23個についで,3番目の多さです。

演奏指示と強弱記号をあわせると46個!もの演奏指示が書かれています。
練習曲集全24曲の中では,2番目に多いOp.10-3『別れの曲』(演奏指示が37個)をおさえて,
ダントツに多くの演奏指示が書かれています。

速度を変化させる演奏指示が多数書かれています。
クレッシェンドで加速,静かな場面では速度を落とす,など,
自然な演奏のテンポの揺れを,より極端に表現させるような指示になっています。

8小節目ではrallentandoではなくritardandoが書かれていて,
ショパンの作品では珍しいです。

全体ではなく,左手の伴奏音型だけへのlegatoの指示が4箇所書かれています。

Op.10-10 変イ長調 Etude in A♭ major

冒頭に強弱記号がありません。

全体ではなく,左手パートのみへのlegatissimoの指示が3箇所書かれています。

dolcissimoleggierissimoの指示が書かれており,
指示がなくても,甘く柔らかく優美に演奏するのが当然のショパンの作品の中にあって,
最大級に甘く柔らかく優美な演奏が求められています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.10-11 変ホ長調 Etude in E♭ major ‘Arpeggio’

冒頭,強弱記号がありません。

dolcedolcissimoが書かれており,
ショパンの作品の中でもより一層,甘く柔らかい演奏が求められています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.10-12 ハ短調『革命』 Etude in C minor ‘Revolutionary’

強弱記号がたくさん書かれています。
2分ほどの作品の中に,なんと強弱記号が24個も!書かれています。
これは,練習曲集全24曲の中でも最多です。

情熱的で激しい作品ではありますが,pppsotto voceも多数書かれています。
fffcon fuococon forzaed appassionatoとの対比が,演奏の要となります。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.25-1 変イ長調 『エオリアン・ハープ』 Etude in A-flat major ‘Aeolian Harp’

最後47小節目にpppが書かれています。
pppは練習曲集24曲の中でも,たったの3回しか使われていない特別な指示です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

作品にもよりますが,Op.25はOp.10と比べて,演奏指示が少なくなります。
というよりも,Op.10はショパンの他の作品と比べて演奏指示が多いです。
Op.25も,Op.10と比べれば演奏指示が少ないだけで,
ショパンの他の作品と比べれば,決して演奏指示は少なくないです。

Op.25-2 ヘ短調 Etude in F minor ‘The Bees’

他の作品よりも演奏指示がたくさん書かれている練習曲集の中にあって,Op.25-2は演奏指示がかなり少ないです。

ショパンの練習曲集は速い曲が多いですが,Prestoの指示があるのは,以外にもOp.10-4とOp.25-2の2曲だけです。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.25-3 ヘ長調 Etude in F major ‘The Horseman’

冒頭にleggieroの指示があります。
ショパンはleggieroをよく使っていると思いますが(きちんと統計をとったわけではないです),
練習曲集では3曲に4回しか書き込んでいません。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

leggierissimoは6曲に7回も書かれていて,練習曲集ではleggieroよりもleggierissimoの方がよく使われています。

冒頭に強弱記号が書かれておらず,
作品中に強弱記号が4つしか書かれていません。

Op.25-4 イ短調 Etude in A minor ‘Paganini’

9小節目に,高音パートにlegato,内声と低音パートにstaccatoと,正反対の指示を書いています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

ppが4回も書き込まれています。
練習曲集中ではOp.25-7,Op.10-9に次いで3番目に多いです。
他の作品よりも音量を抑えて演奏するべきだということが分かります。

Op.25-5 ホ短調 Etude in E minor ‘Wrong Note’

作品の最後,138小節目にfffが書かれています。
fffは練習曲集24曲の中でも5回しか使われていない特別な指示です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

演奏指示と強弱記号が21個も書かれており,
Op.25の中では3番目に多いです。

中間部では,高音の速い音型にはleggieroが,中音域の内声旋律にはsostenutoが書かれています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.25-6 嬰ト短調 Etude in G-sharp minor ‘Thirds’

冒頭にsotto voceと書いてあり,終盤までpppは書かれていません。

演奏指示は少ないです。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.25-7 嬰ハ短調 Etude in C-sharp minor ‘Cello’

中間部の終わりごろ35小節目にpppが書かれています。
pppは練習曲集24曲の中でも,たったの3回しか使われていない特別な指示です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

ショパンがめったには書かないppも,9個も書かれています。
これは練習曲集全24曲の中でも最多です。

Op.10では,抒情的な作品には速度変化の指示がたくさん書かれる傾向にありました。
Op.25-7は抒情的な作品ですが,速度変化の指示は少ないです。

Op.25-8 変ニ長調 Etude in D-flat major ‘Sixths’

他の作品よりも演奏指示がたくさん書かれている練習曲集の中にあって,Op.25-8は演奏指示がかなり少ないです。

冒頭には強弱記号はなく,mezza voceが書かれています。
mfmpを使わなかったショパンは,その代わりのようにmezza voceを使っていました。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.25-9 変ト長調『蝶々』 Etude in G-flat major ‘Butterfly’

他の作品よりも演奏指示がたくさん書かれている練習曲集の中にあって,Op.25-9は演奏指示がかなり少ないです。

冒頭にleggieroと書かれていて,曲の終盤にはleggierissimoも書かれています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.25-10 ロ短調 Etude in B minor ‘Octave’

主部(提示部)の最後,27小節目にはfffも書かれています。
fffは練習曲集24曲の中でも5回しか使われていない特別な指示です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

さらに,曲の最後にはil piu forte possibile『できるだけ強く最大の音量で。』と書かれています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

31小節目にben legato『十分に音を滑らかに。』と書かれています。
benは『十分に~して』という意味です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

Op.25-11 イ短調 『木枯らし』 Etude in A minor ‘Winter Wind’

ショパンがめったには書かなかったffが5回も出てきます。
これはOp.10-4の6回の次に多く書かれています。

最後,93小節目にfffが書かれています。
fffは練習曲集24曲の中でも5回しか使われていない特別な指示です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

強弱記号が多数書かれており,その数は20個。
練習曲集全24曲の中でも,強弱記号が20個以上書かれている作品は,
Op10-5『黒鍵』,Op.10-9,Op.10-12『革命』,Op.25-11『木枯らし』の4曲だけです。

強弱記号以外の演奏指示は少ないです。

5小節目のrisoluto『決然と。きっぱりと。断固として。』の指示が,
この作品の性格をよくあらわしています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

速度指示はAllegro con brio『活気をもって,快速に』。
brioはイタリア語で「陽気」という意味だそうです。
vivaceがともすると元気が良すぎてウルサイとも感じられるのに対して,
brioは上品な明るい楽しい表情をあらわすのだとか。

Allegro con brioというと,ベートーヴェンの作品によく書かれています。
ベートーヴェンの交響曲第3番や第7番など,まさにcon brioといった感じがします。
ベートーヴェンのワルトシュタインソナタにもAllegro con brioが書かれています。

しかし,brioを「陽気」「上品な明るさ」と捉えると,
この『木枯らし』のエチュードがAllegro con brioというのはなんだかしっくりきません。

ベートーヴェンの運命交響曲にもAllegro con brioの指示があります。
しかも第4楽章ではなくて第1楽章です。
そうです。あの「ダ,ダ,ダ,ダ~~~ン」で有名な楽章です。

ベートーヴェンの最後のピアノソナタ32番の第1楽章にもAllegro con brioとあります。

brioは「陽気」というよりも「勇ましく邁進する」というような意味がありそうです。
このあたりはイタリア語のネイティブの方ならばニュアンスが理解できるのかもしれません。

Op.25-12 ハ短調 『大洋』 Etude in C minor ‘Ocean’

最後,82小節目にfffが書かれています。
fffは練習曲集24曲の中でも5回しか使われていない特別な指示です。

冒頭にAllegro molto con fuoco『火のように,非常に速く』とあります。
これ以外はfffなど音量を強める指示しか書かれていません。

冒頭にf
中間部の最初に再度fが書かれ,中間部の終わりごろにはffとなります。

作品の終盤にはil piu forte possibile 『可能な限りのフォルテ』と書かれ,
最後にはfffとなります。

この作品は,最初から最後までクレッシェンドし続ける作品です。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

曲中,2回だけショパンがディミヌエンドを書き込んでいますが,
フレーズに合わせた自然なディミヌエンドであって,
極端に音量を下げる指示ではありません。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

冒頭f;フォルテで始まります

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

短調でf,情熱的に始まり,中間部では長調になります。
少し音量を落として,演奏するのが自然ですし,実際にそのように演奏されることが多いです。
しかし,ショパンはそういった常識的な演奏になってしまわないようにと,釘を差すようにfをわざわざ書き込んでいます

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

中間部の後半,12小節にわたって息の長いクレッシェンドが続きます。

冒頭からずっとfでしたが,そこから徐々に音量を増していきます。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

中間部後半はクレッシェンドを続けとうとうffとなります

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

その後,ffからさらにクレッシェンドして再現部に入ります。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

再現部の後半,57小節目から再び息の長いクレッシェンドが記譜されています。
ffからさらにクレッシェンドして再現部に入りましたが,
さらに音量を少しずつ増していきます。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

クレッシェンドの果てに,il piu forte possibile 可能な限りのフォルテの指示が書かれています。

ショパン エチュード(練習曲集)Op.10,Op.25【ショパンが記譜した演奏指示】

そして,最後はfffフォルテシッシモに至ります。
fffは,ショパンはめったに書き込まない,特別な指示です。

「可能な限りのフォルテ」を超えた,さらなる特別な音量であるfffを持って,作品が終わります。

今回の記事は以上です!

タイトルとURLをコピーしました