最終更新;2021.12.04 ショパン作品一覧の更新を進めています。まもなく全258曲の作品一覧が完成します!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

作品一覧
しょくぱん
しょくぱん

ショパン全作品一覧では,ショパンの全作品258曲を簡単に紹介しています。
各作品の詳細な解説はショパン作品解説にまとめていきます!

この記事では,ショパンの歌曲全20曲をご紹介します

今回は,譜面の画像だけでなく,歌詞(ポーランド語の原詩と日本語の和訳)も掲載しています!

ショパンの歌曲を和訳付きで全曲解説しているのは珍しいのではないでしょうか。

※日本語和訳はGoogle翻訳を活用しました。歌詞でおかしなところがありましたらメッセージをいただけると助かります!

スポンサーリンク
  1. ショパン全作品一覧【備考】
    1. 人気度
    2. 作品番号
  2. ショパン 歌曲【ショパンの死後にフォンタナが校訂して出版した作品 17曲】
    1. ショパンは生前に歌曲を1曲も出版していない
    2. 17のポーランドの歌 Op.74
      1. Op.74 -1 WN;21 BI;33 歌曲「願い」「乙女の願い」「乙女の祈り」 ト長調
      2. Op.74 -2A WN;52 BI;116 歌曲「春」 ト短調
        1. Op.74 -2B WN;52a BI;117 「春」※同名歌曲のピアノ独奏版 ト短調
      3. Op.74 -3 WN;39 BI;63 歌曲「悲しみの川」「濁れる水」 嬰ヘ短調
      4. Op.74 -4 WN;32 BI;50 歌曲「酒の歌」「酒宴」「酒盛り」「バッカナール」「遊び」 ハ長調
      5. Op.74 -5 WN;22 BI;32 歌曲「彼女の好み」「どこで会いましょう」「大好きなこと」 イ長調
      6. Op.74 -6 WN;33 BI;48 歌曲「私の前から消えて!」 「私の見えぬところに」「私の視界から消え失せてよ」ヘ短調
      7. Op.74 -7 WN;30 BI;50 歌曲「使い」「使者」 ニ長調
      8. Op.74 -8 WN;54 BI;143 歌曲「美しき若者」「かわいい若者」 「素敵な男の子」ニ長調
      9. Op.74 -9 WN;61 BI;165 歌曲「メロディー」 ホ短調
      10. Op.74 -10 WN;34 BI;47 歌曲「つわもの」「闘士」 変イ長調
      11. Op.74 -11 WN;58 BI;156 歌曲「2つの死」 「2人の死」ニ短調
      12. Op.74 -12 WN;51 BI;112 歌曲「私のいとしい人」 変ト長調
      13. Op.74 -13 WN;57 BI;156 歌曲「あるべきものなく」「憂い」「望みはない」イ短調
      14. Op.74 -14 WN;50 BI;103 歌曲「指輪」 変ホ長調
      15. Op.74 -15 WN;40 BI;63 歌曲「許婚者」「花婿」 ハ短調
      16. Op.74 -16 WN;38 BI;63 歌曲「リトアニアの歌」 ヘ長調
      17. Op.74 -17 WN;49 BI;101 歌曲「舞い落ちる木の葉」「枯葉よ」「墓場より」変ホ短調
  3. ショパン 歌曲【後年出版された作品 3曲】
    1. WN;17a BI;39 KK;IVa-9 歌曲「どんな花,どんな花冠」「ハンカのアルバム」ト長調
    2. WN;31 BI;51 KK;IVa-11 歌曲「魔力」 ニ短調
    3. WN;57 BI;132 KK;IVb-9 歌曲「ドゥムカ」イ短調

ショパン全作品一覧【備考】

しょくぱん
しょくぱん

ショパン全作品一覧【備考】は全ページ同じ内容ですので,一度ご覧いただいた方は
目次など利用してスキップしてください!

人気度

人気度
  • 【1】マイナー作品
    ショパン愛好家でないかぎり存在を認識していない作品。
  • 【2】レア作品
    演奏される機会の少ない作品。
  • 【3】隠れた名曲
    芸術性・音楽性・完成度が高い作品であるにも関わらず,比較的演奏される機会の少ない作品。
  • 【4】名曲・代表作
    演奏される機会が多く,人気の高い作品。
  • 【5】有名作品
    たとえショパンの作品とは知らなくても,誰もが聴いたことがある作品。

作品の人気度について,きちんと統計をとるのは難しいため,
当サイト管理人の独断で,各作品の人気度を判定しています。

作品番号

  • 作品番号Op.1からOp.65までは,ショパン自身がつけた作品番号です。
  • 作品番号Op.66からOp.74までは,ショパンの死後に,フォンナタがつけた作品番号です。
  • WN整理番号は,ナショナル・エディション(エキエル版)で付与されている番号です。
    • ショパンが生前に出版しなかった作品に番号が付けられています。
      旧版と新版で一部番号が異なりますが,新版の番号を掲載しています。
    • 作品番号がつけられずにショパンの生前に出版された作品には,Dbop.がつけられています。
  • BI整理番号は,モーリス・ブラウンが作成した,作品目録の番号です。
  • KK整理番号は,クリスティナ・コピラニスカが,全作品を分類した整理番号です。
    • Ⅴa;個人所有などで入手不可能な作品
    • Ⅴb;ルドヴィカの作品目録に存在が確認される,失われた作品
    • Ⅴc;ショパンの手紙に存在が確認される,失われた作品
    • Ⅴd;フォンタナとスターリングの手紙から存在が確認される,失われた作品
    • Ⅴe;その他の出典から存在が確認される,失われた作品
    • Ⅴf;少年時代の作品
スポンサーリンク

ショパン 歌曲【ショパンの死後にフォンタナが校訂して出版した作品 17曲】

ショパンは生前に歌曲を1曲も出版していない

ショパンはポーランド出国前の1829年(19才)のときから最晩年の1847年(37才)まで,生涯にわたって歌曲を書き遺しています。

その数は20曲にものぼりますが,その生涯で歌曲を1曲も出版することはありませんでした。

ショパンにとっては正式に出版する「仕事」ではなく,歌曲の作曲は「趣味」の領域だったのかもしれません。

出版されなかったからといって,駄作や習作はなく,どれも素朴な魅力にあふれる素敵な作品です。

ショパンの死後,ショパンが書き遺した歌曲のほとんどすべてを「ポーランドの歌Op.74」としてフォンタナがまとめ,1857年に出版されています。

また,フランツ・リストがショパンの歌曲から6曲を選出してピアノ独奏用に編曲しています。

フランツ・リストがピアノ独奏用に編曲した6曲
  • Op.74-1「願い」「乙女の願い」「乙女の祈り」
  • Op.74-2「春」
  • Op.74-14「指輪」
  • Op.74-4「酒の歌」「酒宴」「バッカナール」「遊び」
  • Op.74-12「私のいとしい人」
  • Op.74-15「許婚者」「花婿」「家路」

各歌の標題は定まっていなくて,色々な呼ばれ方をしています。
この記事では,よく見かける表記をいくつか載せておきます。

17のポーランドの歌 Op.74

  • ドイツ初版;ベルリン,A.M.シュレジンガー
    • Op.74-1~16の16曲が出版された。ポーランド語版を1857年,ドイツ語版を1859年に出版。
    • Op.74-17はポーランド語版が1872年,ドイツ語版が1873年に出版された。
  • 他初版;ワルシャワ,ゲベトナー・アンド・ヴォルフ 1859年
  • フランス初版;ハリ,J.アメル 1879年
  • イギリス初版;ロンドン,ルーカス・ウェーバー 1874年

Op.74 -1 WN;21 BI;33 歌曲「願い」「乙女の願い」「乙女の祈り」 ト長調

人気度 【2】レア作品

  • 作曲1829年(19才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    フォンタナの筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Gdybym ja była słoneczkiem na niebie,
Nie świeciłabym jak tylko dla ciebie.
Ani na wody,ani na lasy,ale po wszystkie
Czasy pod twym okienkiem i tylko dla ciebie
Gdybym w słoneczko mogła zmienić siebie.

Gdybym ja była ptaszkiem z tego gaju,
Nie śpiewałabym w żadnym obcym kraju.
Ani na wody,ani na lasy,ale po wsystkie
Czasy pod twym okienkiem i tylko dla ciebie
Gdybym w słoneczko mogła zmienić siebie.

日本語和訳(Google翻訳)

もし私が空の太陽だったら、
私はあなたのためだけに輝くのに。
水の中でも森の中でもなく、
あなたの窓辺だけを永遠に。
私が太陽だったら・・・

もし私がこの木立の鳥だったら、
私はあなたのためだけに歌うのに。
水の中でも森の中でもなく、
あなたの窓辺でを永遠に。
私が小鳥だったら・・・

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

リストがピアノ独奏用に編曲していることもあり,ショパンの歌曲の中では比較的知られている作品です。

19才の青年が書いた作品と考えると,微笑ましいチャーミングな作品です。

リストの編曲では序奏が拡大されて1ページに及んでいます。
そのせいか,歌唱部分よりも序奏の方が一般に知られているのではないでしょうか。

リスト編曲はショパンの詩情を失わず,それでいてリストらしい華やかなパラフレーズに彩られた秀逸な変奏曲となっています。

Op.74 -2A WN;52 BI;116 歌曲「春」 ト短調

人気度 【3】隠れた名曲

  • 作曲1838年(28才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;ウィーン楽友協会資料室
    他に,ケンブリッジ,フィッツウィリアム博物館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Błyszczą,krople rosy,
Mruczy zdrój po błoni,
Ukryta we wrzosy
Gdzieś jałowka dzwoni.

Piękną,miłą błonią
Leci wzrok wesoło,
Wkoło kwiaty wonią,
Kwitną gaje wkoło.

Paś się,błąkaj trzódko,
Ja pod skałą siędę,
Piosnkę lubą,słodką
Śpiewać sobie będę.

ustroń miła,cicha!
Jakiś żal w pamięci,
Czegoś serce wzdycha,
W oku łza si` kręci.

Łza wybiegła z oka,
Ze mną strumyk śpiewa,
Do mnie się z wysoka
Skowronek odzywa.

Lot rozwija chyży,
Ledwo widny oku,
Coraz wyżej,wyżej…
Zginął już wobłoku.

Ponad pola,niwy,
Jeszcze piosnkę głosi
I śpiew ziemi tkliwy
W niebo aż zanosi!

日本語和訳(Google翻訳)

きらめく露滴、
牧草地の泉が音を立て、
低木に隠れて
どこかで鈴が鳴っている。

美しい、素敵な牧草地
あたりをきょろきょろと見回し、
いたるところで花のにおいが香り、
茂みは花であふれる。

草を食み歩き回れ、牛の群れよ、
私は岩陰に腰を掛け、
お気に入りの歌を
ひとり口ずさむ。

素敵な、秘密の場所!
悲しい思い出が、
ため息をついて、
目に涙がにじむ。

目から涙をこぼれ落ち、
小川は私と一緒に歌います、
空から私に
ヒバリが語りかけてくる。

ヒバリはとても速く飛び、
目にほとんど捉えられず、
高くより高く …
雲の中へ消えていきます。

野原を、牧草地の上を、
歌を歌い続ける
大地を讃えながら
空へと飛び去る!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

フォンタナが校訂して出版したOp.74の17曲の歌曲ですが,作曲年代順には並んでいません。
2曲目の「春」はパリでの活動が軌道に乗り,マリアから婚約を破棄され,サンドとマジョルカ島へ向かった頃の作品です。

ショパンの歌曲の中では最もよく知られ作品だと思います。

素朴な中に,ショパンらしい詩情が漂う名曲です。

Op.74 -2B WN;52a BI;117 「春」※同名歌曲のピアノ独奏版 ト短調

人気度 【2】レア作品

  • 作曲1838年(28才)
  • イギリス初版;ロンドン,ショット 1968年
  • 献呈;キレレ夫人 ※正式な献呈ではない。
  • 自筆譜;ヴロツワフ,オソリスキ図書館
    他に,ベルリン,ゲルハルト・シュテンプニックも所蔵。
    さらに別に,ロンドン,ホースリー家が個人所有。

「春」はショパン自身がピアノ独奏用の作品も遺していますが,歌曲のピアノ伴奏だけをそのまま抜き取っただけの譜面ですので,厳密には歌曲「春」とピアノ独奏版「春」は同一の作品だと捉えても良いかもしれません。

「春」はリストもピアノ独奏用の編曲を書いていて,こちらはショパンの原曲のもつ素朴さを保ちながら,伴奏も旋律も音を厚くしてよく響くように編曲されています。
後半部分では複雑で前衛的な和声が用いられています。

Op.74 -3 WN;39 BI;63 歌曲「悲しみの川」「濁れる水」 嬰ヘ短調

人気度 【3】隠れた名曲

  • 作曲1831年(21才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    フォンタナの筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Rzeko z cudzoziemców strony,
Czemu nurt twój tak zmącony?
Czy się gdzie zapadły brzegi,
Czy stopniały stare,stare śniegi?

Leżą w górach stare śniegi,
Kwiatem kwitną moje brzegi,
Ale tam,przy źródle moim,
Płacze matka nad mym zdrojem.

Siedem córek piastowała,
Siedem córek zakopała,
Siedem córek śród ogrodu,
Głowami przeciwko wschodu,wschodu.

Teraz się z duchami wita,
O wygody dziatki pyta
I mogiły ich polewa,
I żałośne pieśni śpiewa.

日本語和訳(Google翻訳)

遠くから流れ来る川、
どうしてそんなに濁っているのですか?
川岸がどこかで崩れましたか?
古い、古い雪が溶けたのですか?

山には古い雪が積もっています、
花は私の岸で咲きます、
しかし、そこに、私の源流に、
母は泣いています。

彼女には7人の娘がいました。
彼女は7人の娘を埋葬しました、
庭の土の中にいる7人の娘、
彼らの頭は東、東に向かって眠っている。

今、母はその魂に語りかけます、
母は子供たちが不自由ではないか尋ねます
そして、墓へ涙が注がれています、
そして哀愁を帯びた歌を歌います。

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

子どもを亡くした母の涙が春の濁流となって流れてきている情景がしっとりと歌われます。

Op.74 -4 WN;32 BI;50 歌曲「酒の歌」「酒宴」「酒盛り」「バッカナール」「遊び」 ハ長調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲1830年(20才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    フォンタナの筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Szynkareczko,szfareczko,
Bój się Boga,stój!
Tam się śmiejesz,tu miód lejesz
Wprost na kaftan mój!

Nie daruję,wycałuję,
Jakie oczko,brew!
Jaka biała szyjka cała…
Hej,spali mnie krew!

Cóż tak,bracie,wciąż dumacie?
Bierz tam smutki czart!
Pełni nędzy,ot,pij prędzej,
Świat ten diabła wart!

Pijane nogi zbłądzą z drogi,
Cóż za wielki srom?
Krzykiem żony rozbudzony
Trafisz,gdzie twój dom.

Pij,lub kijem cię pobię…
Biegnij dziewczę w czas!
By pogodzić,nie zaszkodzić,
Oblej miodem nas!

日本語和訳(Google翻訳)

気をつけて,かわいい子。
気をつけて!
あなたはとても笑っているけれど,
私の上着に酒をこぼしていますよ!

責任をとって私にキスをしておくれ,
なんて目,眉毛をしているのだ!
なんて白い首…
私の血を燃やすつもりですか!

さて、兄弟、あなたは何を落ち込んでいるのですか?
そんな暗い表情はどこかにやってしまいなさい!
ぐじぐじせず、早く飲もう、
この世界はそれだけの価値があります!

ちどり足で道にさまよっても、
何が恥ずかしいというのです?
あなたが妻にどなられてもどうせ覚えていません。
床で冷たくなるだけのことです。

飲みなさい、さもないと棒で殴ります…
ねえ,かわいい子よ,ここに!
仲直りするために、害を与えないために、
酒を注いでください!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

酒の席での乱痴気騒ぎを描写した作品です。
ショパンの作品とは思えない,下品な作品です(笑

Op.74 -5 WN;22 BI;32 歌曲「彼女の好み」「どこで会いましょう」「大好きなこと」 イ長調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1829年(19才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Strumyk lubi w dolinie,
Sarna lubi w gęstwinie,
Ptaszek lubi pod strzechą,
Lecz dziewczyna,dziewczyna!

Z uciechą lubi gdzie niebieskie oko,
Lubi gdzie i czarne oko,
Lubi gdzie wesołe pieśni,
Lubi gdzie i smutne pieśni.

Sama nie wie gdzie lubi,
Wszędzie,wszędzie serce zgubi,
Sama nie wie gdzie lubi,
Wszędzie,wszędzie serce zgubi.

日本語和訳(Google翻訳)

小川は谷が好きです、
鹿は茂みが好きです、
鳥は茅葺き屋根が好きです、
でも女の子は、女の子は!

青い瞳が好きで、
黒い瞳が好きです、
幸せな歌が好きで、
悲しい歌が好きです。

彼女は何が好きかわからない、
どこでも、どこでも心が奪われます、
彼女は何が好きかわからない 、
どこでも、どこでも心が奪われます 。

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

女心と秋の空。

Op.74 -6 WN;33 BI;48 歌曲「私の前から消えて!」 「私の見えぬところに」「私の視界から消え失せてよ」ヘ短調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1830年(20才)
    献呈;なし
    自筆譜;行方不明
    スケッチをワルシャワ,ショパン協会が所蔵
    他に,写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ミツキィェーヴィチ

Precz z moich oczu! Posłucham odrazu!
Precz z mego serca! I serce posłucha.
Precz z mej pamięci! Nie! Tego rozkazu
Moja i twoja pamięć nie posłucha.

Jak cień tym dłuższy gdy padnie z daleka,
Tym szerzej koło żałobne roztoczy,
Tak moja postać,im dalej ucieka,
Tym grubszym kirem twą pamięć pomroczy.

Na każdym miejscu i o każdej dobie,
Gdziem z tobą płakał,gdziem się z tobą bawił,
Wszędzie i zawsze będ` ja przy tobie,
Bom wszędzie cząstkę mej duszy zostawił.

日本語和訳(Google翻訳)

目の前から消えて! すぐに従います!
私の心から離れて! 心から耳を傾けます。
私の記憶から消えて! いいえ!それだけは。
私の記憶もあなたの記憶も従えない。

遠くから落ちた影が長くなるように、
悲しみがしだいに深くなっていくように、
私の姿も遠ざかってゆくほど、
記憶はより暗く濃くなります。

いつでも、どこでも、
どこで泣いたのか、どこで遊んだのか、
いつでもどこでも私はあなたの記憶の中にいます、
いたるところに私の魂の一部を残しているのだから。

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

フラれた後の恨み言。

Op.74 -7 WN;30 BI;50 歌曲「使い」「使者」 ニ長調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1830年(20才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;マールブルク,G.メックレンブルク
    他に,写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Rośnie trawka,ziółko,
Zimne dni się,mienią,
Ty,wierna jaskółko,
Znów przed naszą sienią.

Z tobą słońce dłuzej,
Z tobą miła wiosna;
Witaj nam z podróży,
Śpiewaczko radosna.

Nie leć,czekaj,słowo!
Może ziarnka prosisz?
Może piosnkę nową
Z cudzych stron przynosisz?

Latasz,patrzysz wkoło
Czarnymi oczyma…
Nie patrz tak wesoło,
Nie ma jej tu,nie ma!

Poszła za żołnierza,
Tę rzuciła chatkę,
Koło tego krzyża
Pożegnała matkę.

Może lecisz od niej?
Po wiedzże mi przecie,
Czy nie są tam głodni,
Czy im dobrze w świecie?

日本語和訳(Google翻訳)

芽吹く、草葉、
寒い日、去りゆく、
あなた、忠実なツバメ、
再び私たちの戸口に。

あなたと一緒に日は長くなり、
あなたと一緒に素敵な春。
私たちのもとへよくぞ来てくれた、
幸せな歌手。

行かないで、待って!
麦はいりませんか?
おそらく新しい曲を
遠い国から持ってきたのでしょう?

あなたは飛ぶ、あなたは周りを見回す
黒い目で..。
そんなに陽気に見つめないで、
あの子はここにいない、あの子はここにいない!

あの子はあの兵士を追って、
家を出ていった、
その十字架のところで
あの子は母親に別れを告げた。

あなたはあの子のところから飛んできたの?
それならば教えて!
彼らはそこでお腹をすかしてなかったか、
彼らは幸せですか?

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

遠く故郷を離れた我が子を想う老親がツバメに語りかける。

Op.74 -8 WN;54 BI;143 歌曲「美しき若者」「かわいい若者」 「素敵な男の子」ニ長調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1841年(31才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ザレスキ

Wzniosły,smukły i młody,
O! nielada urody.
Śliczny chłopiec,czego chcieć?
Czarny wąsik,biała płeć!

Ledwie mrugnie oczyma,
Radość całą mnie ima.
Śliczny chłopiec,czego chcieć?
Czarny wąsik,biała płeć!

Gdy pląsamy we dwoje,
Patrzą na nas ócz roje.
Śliczny chłopiec,czego chcieć?
Czarny wąsik,biała płeć!

Niech się spóźni godzinę,
To mi tęskno,aż ginę.
Śliczny chłopiec,czego chcieć?
Czarny wąsik,biała płeć!

Każde słówko co powie
Lgnie mi w sercu i w głowie.
Śliczny chłopiec,czego chcieć?
Czarny wąsik,biała płeć!

On powiedział mi przecie,
Żem mu wszystkiem na świecie!
Śliczny chłopiec,czego chcieć?
Czarny wąsik,biała płeć!

日本語和訳(Google翻訳)

背が高く、スリムで若々しい、
あぁ!カッコいい人。
素敵な男の子、あなたは何が欲しいですか?
黒い口ひげ、白い肌!

彼がまばたきするだけで、
喜びが染み込んできます。
素敵な男の子、あなたは何が欲しいですか?
黒い口ひげ、白い肌!

一緒に踊るとき、
周囲は私たちに釘付け。
素敵な男の子、あなたは何が欲しいですか?
黒い口ひげ、白い肌!

あなたが遅れてきたら、
待ち焦がれて死んでしまう。
素敵な男の子、あなたは何が欲しいですか?
黒い口ひげ、白い肌!

彼が言うことすべての言葉
心と頭がいっぱいになる。
素敵な男の子、あなたは何が欲しいですか?
黒い口ひげ、白い肌!

彼は私に言った 、
私は彼にとって世界のすべてだと!
素敵な男の子、あなたは何が欲しいですか?
黒い口ひげ、白い肌!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

円熟期の作品なのですが,若々しい作品です。

Op.74 -9 WN;61 BI;165 歌曲「メロディー」 ホ短調

人気度 【3】隠れた名曲

  • 作曲;1847年(37才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;クラシンスキ

Z gór,gdzie dźwigali
Strasznych krzyżów brzemię,
Widzieli z dala obiecaną niemię.
Widzieli światło niebieskich promieni,
Ku którym w dole ciągnęło ich plemię,
A sami do tych nie wejdą przestrzeni!
Do godów życia nigdy nie zasiędą,
I nawet,nawet może zapomnieni,będą.

日本語和訳(Google翻訳)

あの山から、そこは彼らが背負っていたところ
ひどく重い十字架を、
彼らは約束の地を眺める。
彼らは青い光を見る、
彼ら種族を谷底へ引き寄せるが、
彼らは足を踏み入れない!
彼らは決して宴に加わらない、
そして、きっと忘れ去られるだろう。

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

最晩年の作品で,サンドと破局したあと,1847年に書いた作品はこの歌曲ただ1曲でした。
ショパン最後の歌曲で,以降ショパンが書いた作品は1848年にワルツが1曲,1849年にマズルカが2曲だけです。

詩も楽曲も難解です。

Op.74 -10 WN;34 BI;47 歌曲「つわもの」「闘士」 変イ長調

人気度 【2】レア作品

  • 作曲;1830年(20才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;パリ,A.ルービンシュタインの相続人
    他に,フォンタナの筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Rży mój gniady,ziemię grzebie,
Puśćie,czas już,czas!
Ciebie,ojcze,matko,ciebie,
Siostry,żegnam was!

Z wiatrem,z wiatrem! niech drżą wrogi,
Krwawy stoczym bój!
Raźni,zdrowi wrócim z drogi,
Z wiatrem,koniu mój!

Tak,tak,dobrze! na zawody!
Jeśli polec mam!
Koniu,sam,do tej zagrody,
Wolny wróć tu sam!

Słyszę jeszcze sióstr wołanie,
Zwróć się koniu,stój!
Nie chcesz? Lećże,niech się stanie!
Leć na krwawy bój!

日本語和訳(Google翻訳)

私の毛は逆立ち、大地を踏みしめる、
行け、今だ、この時だ!
父、母、
姉妹よ、私は行ってくる!

風と共に、風と共に! 敵を震え上がらせ、
血なまぐさい戦いにのぞめ!
勝利をおさめて、この道を戻ってこよう、
風のゆうに駆けてゆけ、私の馬よ!

そうだ、そうだ、よし! いざ戦いへ!
もし私が死んだならば!
馬よ、ひとりで、あの屋敷へ、
ひとりで戻ってゆけ!

まだ姉妹が呼ぶのが聞こえる、
馬よ戻れ、止まれ!
止まりたくない?ならば行け!
血なまぐさい戦いへと飛びゆくのだ!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

11月蜂起がきっかけで生まれた作品だと思われます。

「革命」のエチュードやスケルツォOp.20では,11月蜂起への想いが芸術作品へと昇華していますが,
この曲では愛国心からくるストレートな感情が率直に書かれています。

Op.74 -11 WN;58 BI;156 歌曲「2つの死」 「2人の死」ニ短調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1845年(35才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ザレスキ

Rok się kochali,a wiek się nie widzieli,
Zbolały serca,oboje na pościeli.
Leży dziewczyna w komnacie swej na łożu,
A kozak leży w dąbrowie na rozdrożu!

O! nad dziewczyną rodziny całej płacze,
A nad kozakiem,och! siwy orzeł kracze.
Oboje biedni,wnętrz ności ogień pali!
Cierpieli srodze,cierpieli i skonali.

O! nad dziewczyną po siole dzwony biją,
A nad kozakiem po lesie wilki wyją.
Kości dziewczyny grób zamkna’ł poświęcony,
Kości kozaka bieleją na wsze strony.

日本語和訳(Google翻訳)

彼らは一年間愛し合い、それからずっと会えず、
心が痛む、ふたりとも床に臥した。
少女はベッドに横たわっています、
そして、騎兵はオークの森に倒れた!

あぁ! 家族全員が泣いている、
そして、騎兵の上に、ああ! 灰色のワシが。
不幸な二人、身を焦がす!
彼らはひどく苦しみました-彼らは苦しみ、そして死にました。

あぁ!少女を悼む鐘が鳴る、
そして森の中の騎兵の上で、オオカミは遠吠えをする。
少女の骨は聖なるの墓に埋められるが
騎兵の骨は四方八方に白く散る。

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

晩年の作品。

離れ離れになった二人。
少女は床に臥して亡くなり,兵士となった男は森で白骨となる。

Op.74 -12 WN;51 BI;112 歌曲「私のいとしい人」 変ト長調

人気度 【2】レア作品

  • 作曲;1837年(27才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;クラコフ,国立博物館
    他に,写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ミツキィェーヴィチ

Moja pieszczotka,gdy w wesołej chwili
Pocznie szczebiotać i kwilić,i gruchać,
Tak mile grucha,szczebioce i kwili,
Że nie chcąc słówka żadnego postradać
Nie śmiem przerywać,nie śmiem,nie śmiem odpowiadać
I tylko chciałbym słuchać!

Lecz mowy żywość gdy oczki zapali
I pocznie mocniej jagody różować,
Perłowe ząbki błysną śród korali;
Ach! wtenczas,śmielej w oczęta spoglądam,
Usta pomykam i słuchać nie żądam,
Tylko całować,całować,całować!

日本語和訳(Google翻訳)

私のいとしい人、幸せなときには
さえずり、ささやき、そして歌いはじめる、
とても機嫌よく、おしゃべりとささやき、
一言も聞きもらしたくないから,
私はあえて遮らない、私はあえて答えない
そして、私はただ聞いていたい!

しかし、瞳が輝いておしゃべりが盛り上がり
ほほをイチゴのように赤く染め、
真珠のような歯がサンゴの唇のあいだで輝いた。
ああ! そうしたら、私は彼女の瞳をみつめ
唇をみつめて、もう何も聞こうとせず、
キスをする、キス、キス!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

グリンカやチャイコフスキーも,同じ歌詞で歌曲を書いています。

Op.74 -13 WN;57 BI;156 歌曲「あるべきものなく」「憂い」「望みはない」イ短調

人気度 【3】隠れた名曲

  • 作曲;1845年(35才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;行方不明
    フォンタナの筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ザレスキ

Mgła mi do oczu zawiewa z łona,
W prawo i wlewo ćmi naokoło;
Dumka na ustach brząknie i skona!
Niemo,och! niemo,bo niewesoło.

Nie ma bo,nie ma czego potrzeba!
Dawno mi tutaj nudno,niemiło:
Ni mego słońca! ni mego nieba!
Ni mego czegoś! Czym serce żyło.

Kochać i śpiewać było by błogo!
W cudzej tu pustce śniłbym jak w domu:
Kochać,o,kochać! i nie ma kogo!
Śpiewać,o,śpiewać! I nie ma komu!

Niekiedy wzrokiem ku niebu wiercę,
Poświstom wiatru wcale nie łaję:
Zimno,o! zimno,lecz puka serce,
Że z dumką w insze odlecim kraje!

日本語和訳(Google翻訳)

霧が私の目に入り、
左右が暗くなる;
口からドゥムカ湧き出て,消えてゆく!
あぁ! 静かだ、寂しさの中で。

何もない、求めるものが何もない!
ここで長い間、いいことなどなかった:
太陽がない! 空がない!
何もない! 心をうめてくれるものが。

愛して歌うことは幸せだ!
異郷の地で、故郷の夢を見たい
愛するのだ、愛するのだ! でも誰もいない!
歌うのだ、歌うのだ! でも誰もいない!

時々空に目を向ける、
風の音をののしらない
寒い! 寒い、心がときめく、
ドゥムカは遠い国へ去ってゆく!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

晩年の作品。

故郷ポーランドを離れて久しく,2度と祖国の土を踏むことがないと悟っていたショパンにとって,歌詞の内容が自身の境遇と重なって感じられたことでしょう。

Op.74 -14 WN;50 BI;103 歌曲「指輪」 変ホ長調

人気度 【2】レア作品

  • 作曲;1836年(26才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;行方不明
    スケッチをワルシャワ,ショパン協会が所蔵。
    他に,写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Smutno niańki ci śpiewały,
A ja już kochałem,
A na lewy palecmały
Srebrny pierścień dałem.

Pobrali dziewczęta drudzy,
Ja wiernie kochałem,
Przyszedł młody chłopiec cudzy,
Choć ja pierścień dałem.

Muzykantów zaproszono,
Na godach śpiewałem!
Innego zostałaś żoną,
Ja zawsze kochałem.

Dziś dziewczęta mnie wyśmiały,
Gorzko zapłakałem:
Próżnom wierny był i stały,
Próżno pierścień dałem.

日本語和訳(Google翻訳)

乳母があなたに悲しい歌を歌っていたとき、
私はすでに愛していました、
そして左指には小さなもの
銀の指輪をはめたのです。

皆は結婚していったが、
私は忠実に愛し続けました、
若い男の子がやって来た、
すでに指輪をはめていたのに。

楽士が招かれた、
祝宴で私は歌った!
あなたは別の男の妻になった、
私はいまでも愛しています。

今日、女の子たちは私を笑いました、
私は激しく泣いた
彼は忠実で、無駄に固執していた、
指輪を無駄にしたと。

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

現代では中々受けれられない恋愛観かもしれません。

Op.74 -15 WN;40 BI;63 歌曲「許婚者」「花婿」 ハ短調

人気度 【2】レア作品

  • 作曲;1831年(21才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
    写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;ヴィトヴィツキ

Wiatr zaszumiał między krzewy,
Niewczas,niewczas,koniu!
Niewczas,chłopcze czarnobrewy,
Lecisz tu,po błoniu.

Czy nie widzisz tam nad lasem
Tego kruków stada?
Jak podleci,krąży czasem
I w las znów zapada?

Gdzieżeś,gdzieżeś,dziewczę,hoże?
Czemuż nie wybieży?
Jakże,jakże wybiec może,
Kiedy w grobie leży?

O,puszczajcie! Żal mnie tłoczy,
Niech zobaczę onę!
Czy konając piękne oczy
Zwróciła w mą stronę?

Gdy usłyszy me wołanie,
Płacz mój nad swą głową,
Może z trumny jeszcze wstanie,
Zacznie żyć na nowo!

日本語和訳(Google翻訳)

茂みの間で風がざわめく、
遅い、遅すぎた、馬よ!
遅すぎた、黒い眉の若者、
駆けてきた、草原を。

あそこの森のところに,見えないのか
このカラスの群れを?
ときに飛び立ち
そしてまた森に戻るカラスを?

あなたはどこにいますか-どこにいますか-少女よ?
何故こないのだ?
どのように、彼はどのように迎いに行こうか、
墓に横たわっているのに?

あぁ、行かせてくれ! 悲しいことだが、
彼女に会いたい!
死ぬ間際の美しい瞳を
彼女は私に向けてくれた?

私の叫びを聞いたとき、
枕元で泣く、
棺から立ち上がるかもしれない、
再びよみがえるかもしれない!

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

伴奏もふくめて,大変荒々しい曲想の作品です。

Op.74 -16 WN;38 BI;63 歌曲「リトアニアの歌」 ヘ長調

人気度 【2】レア作品

  • 作曲;1830年(20才) 1831年(21才)かも
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;行方不明
    スケッチをパリ,ミツキェヴッチ博物館が所蔵。
    他に,フォンタナの筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵。

ポーランド語原詩;リトアニア民謡

Bardzo raniuchno wschodziło słoneczko,
Mama przy szklannym okienku siedziała,
“Skąd że to”,pyta,”powracasz córeczko?
Gdzieś twój wianeczek na głowie zmaczała?”
“Kto tak raniuchno musi wodę nosić,
Nie dziw,że może swój wianeczek zrosić.”
“Ej,zmyślasz,dziecię! Ej,zmyślasz,dziecię!
Tyś zapewne,tyś zapewne w pole,
Z twoim młodzianem gawędzić pobiegła.”
“Prawda,prawda,Matusiu,prawdę wyznać wolę,
Mojegom w polu młodziana spostrzegła,
Kilka chwil tylko zeszło na rozmowie,
Tym czasem wianek zrosił się na głowie.”

日本語和訳(Google翻訳)

早朝に太陽がのぼり、
母は窓辺に座っていた、
「いったいどこから来たの」と尋ねます、「娘よ,帰ってきたの?
どこかであなたの花飾りを濡らしてきたの?」
「朝に水くみをするのだから
花飾りが濡れても不思議ではないわ」
「ねえ、嘘をつくの、娘よ! ねえ、嘘をつくの、娘よ!
きっと野原にいる、
あの若者のところで駆けていったのでしょう」
「そうなの、そうなの、母さん、本当のことを言うわ、
野原であの若者に会った、
ほんの少しだけお話したの、
そのとき、花飾りが濡れたの。」

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

美しい作品です。

Op.74 -17 WN;49 BI;101 歌曲「舞い落ちる木の葉」「枯葉よ」「墓場より」変ホ短調

人気度 【3】隠れた名曲

  • 作曲;1836年(26才)
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;行方不明
    フォンタナの筆写譜をワルシャワ音楽協会が所蔵。
    他に,写譜者不明の筆写譜をウィーン,オーストリア国立図書館が所蔵

ポーランド語原詩;ポル

Leci liście z drzewa,
Co wyrosło wolne!
Znad mogiły śpiewa
Jakieś ptaszę polne.

Nie było,nie było,
Polsko,dobrze tobie!
Wszystko,wszystko się prześniło,
A twe dzieci w grobie.

Popalone sioła,
Rozwalone miasta,
A w polu dokoła
Zawodzi niewiasta.

Wszyscy poszli z domu,
Wzięli z sobą kosy,
Robić nie ma komu,
W polu giną kłosy.

Kiedy pod Warszawą
Dziatwa się zbierała,
Zdało się,że z sławą
Wyjdzie Polska cała.

Bili zimę cała,
Bili się przez lato,
Lecz w jesieni zato
I dziatwy nie stało.

Skończyły się boje,
Ale pusta praca,
Bo w zagony swoje
Nikt z braci nie wraca.

Jednych ziemia gniecie,
A inni w niewoli,
A inni po świecie
Bez chaty i roli.

Ni pomocy z nieba,
Ani ludzkiej ręki,
Pusta leży gleba,
Darmo kwitną wdzięki.

Leci liście z drzewa,
Znów leci z drzewa,

O polska kraino,gdyby ci rodacy,
Co za ciebie giną wzięli się do pracy
I po garstce ziemi z ohczyzny zabrali,
Już by dłońmi swymi Polske usypali.

Lecz wybić się siłą
To dla nas już dziwy,
Bo zdrajców przybyło,
A lud zbyt poczciwy,

日本語和訳(Google翻訳)

木から舞い落ちる枯葉、
何が自由になったのか!
墓の上で歌うのは
野鳥。

行かなかった、行かなかった、
ポーランドよ!
すべて、すべてが儚く消え、
そして、あなたの子供たちは墓の中にいます。

焼かれた村、
破壊された町、
そして周りの野原で
女は嘆いている。

男は家を出た、
鎌を持って、
手入れされない、
麦畑は死にかけています。

ワルシャワに
若者たちが集まり、
栄光とともに
ポーランドが全貌をあらわす。

彼らはひと冬戦い、
彼らはひと夏を戦った、
しかし、秋にはそれはなくなった
そして若者たちは立てなかった。

戦いは終わった、
しかし、結果はむなしい、
敵の襲撃で
兄弟は誰も戻ってこない。

ある者は大地に埋められ、
ある者は捕われの身、
そして世界中のどこにも
家や土地のない身となった。

天の助けはありません、
人の助けはありません、
大地は荒れ、
花も咲かない。

木から舞い落ちる枯葉、
再び木から散り落ちる、

ポーランドの大地よ、同胞は、
死にゆくのではなく,
そして、大地から一握りの土を、
ポーランドの大地を癒やす。

だが無理矢理打ち倒され
もう叶わない、
裏切り者が多くとも、
人々はあまりにも正直だったから、

ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

最初に出版されたドイツ初版には収録されていなかった作品で,後からOp.74に追加された作品です。
5分におよぶ長大な作品で,寂しげにはじまり,途中勇壮なポロネーズとなります。

1830年の11月蜂起は,翌年1831年9月8日にワルシャワがロシア軍の総攻撃に陥落し,失敗に終わります。

原詩はそのときに書かれたものだと考えられます。

途中,勇壮なポロネーズが希望を高らかに歌うとき,悔しさと悲しみがこみ上げてきます。

スポンサーリンク

ショパン 歌曲【後年出版された作品 3曲】

WN;17a BI;39 KK;IVa-9 歌曲「どんな花,どんな花冠」「ハンカのアルバム」ト長調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1829年(19才)
  • 初版;ワウシャワ,K.W.ヴイチウキ。1856年
    1879年にはプラハのダリポール誌からチェコ初版が出版されている。
  • 献呈;ヴァツラフ・ハンカ ※正式な献呈ではない。
  • 自筆譜;プラハ,国立博物館

8分の3拍子。マズルカに分類されることもあります。
ピアノ伴奏がつけられておらず,12小節の歌詞を伴う単旋律の作品です。

ショパンの全作品の中で,唯一,ピアノを使用しない作品ということになります。

WN;31 BI;51 KK;IVa-11 歌曲「魔力」 ニ短調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1830年(20才)
  • 初版;クラコフ,ポーランド音楽出版社,パデレフスキー版ショパン全集の第XVII巻 1954年
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

WN;57 BI;132 KK;IVb-9 歌曲「ドゥムカ」イ短調

人気度 【1】マイナー作品

  • 作曲;1840年(30才)
  • 初版;ルヴフ,スウォヴォ・ポルスキエ 1910年
  • 献呈;なし
  • 自筆譜;紛失
ショパン全作品一覧【歌曲 全20曲】

歌曲「あるべきものなく」Op.74-13と同じ原詩が用いられているため,Op.74-13の第1稿だとされています。

今回は以上です!

タイトルとURLをコピーしました
目次
  1. ショパン全作品一覧【備考】
    1. 人気度
    2. 作品番号
  2. ショパン 歌曲【ショパンの死後にフォンタナが校訂して出版した作品 17曲】
    1. ショパンは生前に歌曲を1曲も出版していない
    2. 17のポーランドの歌 Op.74
      1. Op.74 -1 WN;21 BI;33 歌曲「願い」「乙女の願い」「乙女の祈り」 ト長調
      2. Op.74 -2A WN;52 BI;116 歌曲「春」 ト短調
        1. Op.74 -2B WN;52a BI;117 「春」※同名歌曲のピアノ独奏版 ト短調
      3. Op.74 -3 WN;39 BI;63 歌曲「悲しみの川」「濁れる水」 嬰ヘ短調
      4. Op.74 -4 WN;32 BI;50 歌曲「酒の歌」「酒宴」「酒盛り」「バッカナール」「遊び」 ハ長調
      5. Op.74 -5 WN;22 BI;32 歌曲「彼女の好み」「どこで会いましょう」「大好きなこと」 イ長調
      6. Op.74 -6 WN;33 BI;48 歌曲「私の前から消えて!」 「私の見えぬところに」「私の視界から消え失せてよ」ヘ短調
      7. Op.74 -7 WN;30 BI;50 歌曲「使い」「使者」 ニ長調
      8. Op.74 -8 WN;54 BI;143 歌曲「美しき若者」「かわいい若者」 「素敵な男の子」ニ長調
      9. Op.74 -9 WN;61 BI;165 歌曲「メロディー」 ホ短調
      10. Op.74 -10 WN;34 BI;47 歌曲「つわもの」「闘士」 変イ長調
      11. Op.74 -11 WN;58 BI;156 歌曲「2つの死」 「2人の死」ニ短調
      12. Op.74 -12 WN;51 BI;112 歌曲「私のいとしい人」 変ト長調
      13. Op.74 -13 WN;57 BI;156 歌曲「あるべきものなく」「憂い」「望みはない」イ短調
      14. Op.74 -14 WN;50 BI;103 歌曲「指輪」 変ホ長調
      15. Op.74 -15 WN;40 BI;63 歌曲「許婚者」「花婿」 ハ短調
      16. Op.74 -16 WN;38 BI;63 歌曲「リトアニアの歌」 ヘ長調
      17. Op.74 -17 WN;49 BI;101 歌曲「舞い落ちる木の葉」「枯葉よ」「墓場より」変ホ短調
  3. ショパン 歌曲【後年出版された作品 3曲】
    1. WN;17a BI;39 KK;IVa-9 歌曲「どんな花,どんな花冠」「ハンカのアルバム」ト長調
    2. WN;31 BI;51 KK;IVa-11 歌曲「魔力」 ニ短調
    3. WN;57 BI;132 KK;IVb-9 歌曲「ドゥムカ」イ短調