最終更新;2022.07.03 ショパン エチュード集 エキエル版 日本語版が発売になっていました!

ショパンの住居と旅の全記録

ショパンがパリで最初に住んだ家 ショパンの生涯
ショパンがパリで最初に住んだ家
しょくぱん
しょくぱん

この記事では,ショパンがその生涯で居住した住居と旅のすべてを時系列で まとめます。

スポンサーリンク
  1. ショパンの住居 ポーランド時代【誕生から 20才まで】
    1. 【ショパンの生家】マゾフシェ県のジェラゾヴァ・ヴォーラ村
    2. サスキ宮殿【1810年~1817年 ショパン;0才~7才】
    3. カジミェシュ宮殿【1817年~1827年 ショパン;7才~17才】
    4. クラジンスキ宮殿(チャプスキ宮殿)【1827年~1830年 ショパン;17才~20才】
  2. ショパンの旅 ポーランド時代
    1. 1822年夏 生家 ジェラゾヴァ・ヴォーラを訪れる
    2. 1824年夏・1825年夏 夏休みをシャファルニアで過ごす
    3. 1826年夏 ドゥシニキへ湯治の旅
    4. 1828年9月 ベルリンへ 初めての国外旅行
    5. 1829年夏 ウィーンへ 演奏旅行
    6. 1830年夏 生家 ジェラゾヴァ・ヴォーラへ
  3. 祖国を旅立ち パリに流れ着くまで
  4. ショパンの住居 パリ時代【20才~サンドと出会うまで】
    1. ポワソニエール大通り27番地【1831年~1832年 ショパン;21才~22才】
    2. シテ・ベルジェール4番地【1832年~1833年 ショパン;22才~23才】
    3. ショセ・ダンタン通り5番地【1833年~1836年 ショパン;23才~26才】
    4. 【1835年夏・1836年夏の旅】マリアとの出会いと婚約
    5. ショセ・ダンタン通り38番地【1836年~1839年 ショパン26才~29才】
      1. ロンドンへ傷心旅行
  5. ショパンとサンド【マジョルカ島への旅】
    1. ヴァルデモーザ修道院
  6. ショパンの住居【サンドとの生活】
    1. ノアンにあるサンドの別荘
    2. トロンシェ通り5番地【1839年~1841年 ショパン;29才~31才】
    3. ピガール通り16番地【1841年~1842年 ショパン;31才~32才】
    4. スクワール・ドルレアン 9 番地【1842年~1849年 ショパン;32才~39才】
  7. イギリスへの演奏旅行
    1. カルダー邸
    2. ジョンストン城
    3. キア・ハウス
  8. ショパンの住居【サンドとの破局から 亡くなるまで】
    1. シャイヨ通り74番地【1949年5月~9月 ショパン;39才】
    2. ヴァンドーム広場12番地【1849年9月~1849年10月17日 ショパン;39才】

ショパンの住居 ポーランド時代【誕生から 20才まで】

【ショパンの生家】マゾフシェ県のジェラゾヴァ・ヴォーラ村

ショパンの洗礼記録
ショパンの洗礼記録

1810年3月1日,ワルシャワから約46km西にあるマゾフシェ県のジェラゾヴァ・ヴォーラ村で ショパンは誕生しました。

しょくぱん
しょくぱん

ショパンの生年月日には 諸説あります。

ショパン誕生当時の建物は消失してしまいましたが,家具や内装など ショパンの生まれた当時のままに復元され,展示・公開されています。
※上に5番目に貼り付けたグーグル・ストリートビューでは室内を散策することができます。

夏季には毎週日曜日にショパンの作品の演奏会が開かれています。

サスキ宮殿【1810年~1817年 ショパン;0才~7才】

ワルシャワ サスキ宮殿 父ニコラスが宮殿内の高等中学校のフランス語教授だったため,フレデリックも7歳まで宮殿内に住んでいた。
ワルシャワ サスキ宮殿 父ニコラスが宮殿内の高等中学校のフランス語教授だったため,フレデリックも7歳まで宮殿内に住んでいた。

1810年10月,ワルシャワの高等中学校の校長だったサミュエル・リンデが 父ニコラスにフランス語を教えないかと持ちかけ,承諾した父とともに家族はワルシャワに移住しました。

高等学校はワルシャワにあるサスキ宮殿内にあり,ショパン一家は宮殿の庭園に住むことになりました。

父ニコラスが敷地内の高等中学校でフランス語教師を勤めるとともに,
ショパン家は貴族や地主の子弟を自宅に住まわせて,寄宿学校をはじめます。

ショパンは寄宿学校の寮生たちと 幼友達として友情を深めました。

サスキ宮殿は1944年にドイツ軍によって破壊されてしまいました。
再建計画はあるものの,予算不足により計画は保留されています。

カジミェシュ宮殿【1817年~1827年 ショパン;7才~17才】

サスキ宮殿がロシア皇族コンスタンチン・パヴロヴィチによって軍用地として徴収され,サスキ宮殿内にあった高等中学校はカジミェシュ宮殿へ移転することになります。

カジミェシュ宮殿には新たに設立されたワルシャワ大学も入居していました。
現在もワルシャワ大学の学長事務所が置かれています。

サスキ宮殿の中庭に暮らしていたショパン一家も,カジミェシュ宮殿に引っ越します。
高等学校に隣接する建物の二階で広々と暮らすことになりました。

ショパンもワルシャワ高等学校に1823年(13歳)から1826年(16歳)まで通っています。

ショパン家はカジミェシュ宮殿でも 寄宿学校の経営を続けました。

1827年4月には,妹のエミリアが14才の若さで亡くなっています。

クラジンスキ宮殿(チャプスキ宮殿)【1827年~1830年 ショパン;17才~20才】

1827年,ショパン一家はワルシャワ大学と通りを挟んで丁度向かいにある,クラジンスキ宮殿に移り住みました。
この場所でも,ショパン家はエリート学生のための寄宿塾の経営を続けました。

ショパンは1830年11月2日にワルシャワを旅立つまで,ここに住みました。
ショパンは初めて自分の部屋が与えられ,部屋にはピアノが置かれていました。

ここには詩人のツィプリアン・カミル・ノルヴィトが1837年から1839年まで住んでいて,後に1863年の1月蜂起でロシア兵がショパンのピアノを投げ捨てたことに関して『ショパンのピアノ』という詩を詠んでいます。

ショパンのピアノ
ショパンのピアノ
ノルヴィト『ショパンのピアノ』
ノルヴィト『ショパンのピアノ』
スポンサーリンク

ショパンの旅 ポーランド時代

1822年夏 生家 ジェラゾヴァ・ヴォーラを訪れる

1822年夏,12才のショパンは ワルシャワに移って以来初めて,ショパン生誕の地であるジェラゾヴァ・ヴォーラを訪れています。

1824年夏・1825年夏 夏休みをシャファルニアで過ごす

シャファルニア新聞 ショパンから家族に宛てた手紙だが,新聞スタイルになっている。実際の「ワルシャワ通信」という新聞と書体や体裁がそっくりだという。
シャファルニア新聞 ショパンから家族に宛てた手紙だが,新聞スタイルになっている。実際の「ワルシャワ通信」という新聞と書体や体裁がそっくりだという。

1824年と1825年の夏,14才・15才のショパンは夏休みを利用してシャファルニアでポーランドの田園に親しみました。

シャファルニアはワルシャワからヴィスワ河に添って北西へ200kmほどのところにあります。

ショパン家が経営する寄宿学校の寮生たちの親は そのほとんどが裕福な大地主で,夏休みをひかえたショパンの元には たくさんの招待状が届きました。

その中の一つ,寄宿生であるドミニク・ジェヴァノフスキの実家のあるシャファルニアで過ごすこととなったのです。

ショパンはポーランドの田園を楽しみながら,その土地の方言で書かれた『シャファルニア新聞』を発行してワルシャワの両親に近況を面白おかしく報告していました。

ポーランドの田園風景でふれた ポーランド土着の農民たちによる民族音楽は,新鮮な魅力をもってショパンを魅了し,生涯にわたってショパンの作品に大きな影響を与えることになりました。

1826年夏 ドゥシニキへ湯治の旅

次第に複雑になる高等中学校の学業とピアノ演奏の上に,作曲に対する欲求はますます激しくなるばかりで,16才のショパンは相当な過労に陥っていました。

このころ,生来虚弱だった末の妹エミリアが,医者から転地を命じられたため,学校が休暇中であったフレデリックも同行することになりました。

母と姉ルドヴィカ,妹エミリア,フレデリックの4人はシレジア地方のライネルツ(現在のドゥシニキ)に出かけます。

ドゥシニキは現在のポーランドの南西部,チェコの国境近くにあります。
この地でショパンは鉱泉を飲み,規則正しい生活を送り,湯治に励みました。

ショパンの滞在中,孤児のためにチャリティー演奏会をいたという逸話が残されています。
これを記念して,この演奏会の会場では毎年 “ドゥシニキ国際ショパン音楽祭” が開かれています。

1828年9月 ベルリンへ 初めての国外旅行

ポーランドの大貴族,ラジヴィウ家のサロンにおけるショパンのコンサート
ポーランドの大貴族,ラジヴィウ家のサロンにおけるショパンのコンサート

1828年9月,18才のショパンは初めての国外旅行を経験します。

ベルリンに2週間ほど滞在して歌劇を鑑賞して過ごし,その帰途ではポズナン大公国の総督だったラジヴィウ公に客人として招かれました。

1829年夏 ウィーンへ 演奏旅行

ショパンが訪れた,19世紀前半当時のウィーン市街。
ショパンが訪れた,19世紀前半当時のウィーン市街。

1829年夏,19才のショパンは ワルシャワ音楽院での成果を試すべく,友人たちとウィーンへ赴きます。

ウィーンでは2回の演奏会が大好評となり,華やかなデヴューを飾りました。

1830年夏 生家 ジェラゾヴァ・ヴォーラへ

1830年夏,20才のショパンは 誕生の地であるジェラゾヴァ・ヴォーラを再び訪れています。

そして,1830年11月2日,祖国ポーランドを旅立ったショパンは,2度と故郷の土を踏むことがありませんでした。

スポンサーリンク

祖国を旅立ち パリに流れ着くまで

ショパンの旅路 ワルシャワからウィーン,そしてパリへ
  • 1830年
    ショパン20才
    11月2日

    ワルシャワを発ってウィーンに向かう。これを最後に,2度と祖国へ戻ることはなかった。

  • 日程不明

    カリシュにて親友ティトゥスと落ち合う

  • 11月7日~11月10日

    ヴロツワフに滞在
    *到着したのは 11月6日かもしれない。

  • 11月12日~11月18日ごろ

    ドレスデンに滞在

  • 11月21日ごろ

    プラハに滞在

  • 11月23日

    ウィーンに到着

  • 11月29日

    11月蜂起勃発。ワルシャワで革命の火の手が上がった。

  • 1831年
    ショパン21才
    3月1日

    ショパンの誕生には諸説あるが,一般的には1810年3月1日生まれとされていて,この日,ショパンは21歳となった。

  • 7月20日

    ウィーンを出発。バイエルン王国の首都ミュンヘンに向かう。
    ミュンヘンでは8月30日に演奏会を開いている。

  • 9月

    シュトゥットガルトへ向かう。

  • 9月8日

    シュトゥットガルトにいたショパンは,ロシア軍の総攻撃によってワルシャワが陥落したことを知る。

  • 9月中旬

    パリへ向けて出発する。

  • 9月末ないしは10月初旬

    パリに到着

ウィーン,そしてイタリアへ演奏旅行に出発したショパンですが,ワルシャワで蜂起が起こったことにより,運命に翻弄されるようにパリに流れ着きます。

ワルシャワを出発してからパリに流れ着くまでの日程を上にまとめました。

スポンサーリンク

ショパンの住居 パリ時代【20才~サンドと出会うまで】

運命の力に流されるようにパリにやってきたショパンですが,その後 その生涯が終わるまでの18年間,パリで暮らすことになります。

ショパンはこの18年間に,なんと8回も引っ越しをしています。

しょくぱん
しょくぱん

ちなみにベートーヴェンはウィーンで80回以上も引っ越しをしたといいます。

ポワソニエール大通り27番地【1831年~1832年 ショパン;21才~22才】

ショパンがパリに到着した直後に居を構えたのは,ポワソニエール大通り27番地の5階でした。
小部屋が2つだけと 慎ましい間取りでした。

しょくぱん
しょくぱん

フランスの “5階” は日本の “6階” にあたります。

パリに到着した1831年の9月末ないしは10月初旬から,1832年の2月まで ここに住みました。

ショパンが友人のクメルスキー宛に書いた 1831年11月18日付けの手紙には,バルコニーからの素晴らしい眺めについて書かれています。

手紙,レター

ぼくの5階の部屋は マホガニーの家具で美しく飾られた小さな部屋と 大通りの上に張り出たバルコニーがあって,そこからはモンマルトルからパンテオンまで,パリで一番美しい景色が見渡せます。

この眺望を皆 羨みうらやみますが,5階までの階段を羨む人はおりません。

今では建物はなくなり,門だけが現存しています。

門の上にあるプレートには,ショパンが1831年から1832年まで住んでいたことを記されています。

シテ・ベルジェール4番地【1832年~1833年 ショパン;22才~23才】

ショパンの主な収入源は,名家の夫人や令嬢へのレッスンでした。

5階までの階段は,貴婦人がたをレッスンに招くには不都合だったため,
ポワソニエール通りから少し離れた シテ・ベルジェール4番地の2階へ引っ越します。

シテ・ベルジェールは路地(通り抜けができる中庭)になっていて,ショパンが住んでいた4番地は,現在ヴィクトリアという名前のホテルになっています。

ショセ・ダンタン通り5番地【1833年~1836年 ショパン;23才~26才】

※都市計画により,現在 5番地は消失しています。

ショセ・ダンタン通りは当時 ブルジョワ階級が多く住む高級住宅街でした。
その5番地は,エピネー夫人とグリム男爵が1778年にモーツァルトとその母親を半年ほどもてなしたという逸話も残されているほどの高級邸宅でした。

ショセ・ダンタン通り5番地にある高級アパートに住むドイツ人科学者と知り合ったショパンは,度々,この部屋を使わせてもらうようになります。

そして,ドイツ人科学者がアパートを解約することになると,ショパンはワルシャワ時代からの友人,ホフマン医師をルームメイトとして このアパートに正式に引っ越しました。

部屋には洗練された高価な家具や調度品を入れ,ショパンはパリ・セレブの一員となったのです。

そして,ショセ・ダンタン通り5番地には,モーツァルトが滞在したという伝説に加えて,ショパンが住み,リストが頻繁に遊びに来た という新たな伝説が加わったのでした。

やがてホフマン医師はパリを離れますが,代わりにワルシャワ時代からの友人で,医師としてパリに出てきたヤン・マトゥシンスキが同居人となりました。

【1835年夏・1836年夏の旅】マリアとの出会いと婚約

1835年8月,25才のショパンは 湯治で滞在中の両親と会うためにカールスバートへ赴き 3週間滞在しました。
5年ぶりに両親との再会を果たしたショパンですが,これが生涯で最後の邂逅となりました。

パリへの帰途 ドレスデンに滞在中だったヴォジニスキ伯爵を訪ねます。
5年前にポーランドで顔見知りだった娘のマリアは16才になっていました。
芸術に深い理解があり,育ちが良く上品で,何よりもポーランド人であったマリアは,ショパンにとって理想の女性でした。

次にライプツィヒのメンデルスゾーンを訪ね,さらにメンデルスゾーンの紹介で,クララ・ヴィークとロベルト・シューマンに会っています。

ライプツィヒからの帰途,ハイデルベルクではショパンは人生で初めての喀血かっけつを経験しています。

1836年の夏には再びマリアのいるドレスデンを訪れ,1836年9月6日の夕暮れ,ショパンはマリアに求婚し,マリアも求婚を受け入れました。

その後ショパンはライプツィヒを訪れて,再びシューマンと会っています。

ショセ・ダンタン通り38番地【1836年~1839年 ショパン26才~29才】

※38番地は都市計画により消失しています。

同居人だったヤン・マトゥシンスキが結婚し,ショパンもマリア・ヴォジニスカと婚約を交わしました。

マリアとの新婚生活を思い描きながら,さらに豪奢な38番地のアパートへ引っ越します。

その家賃は425フラン,現在の日本円で200万円ほどという高級アパートでした。

しょくぱん
しょくぱん

19世紀の1フランが 21世紀の日本円で いくらに換算されるのかは,いろいろな計算方法があります。おおよそ,当時の1フラン≒現在の4000円 が標準の計算方法のようです。

1回のレッスン料が45分で20フランという破格の高級取りだったショパンは,音楽家・芸術家として このような高級アパートに住むことができるほど 経済的に立派に自立していたのです。

ショパンは家具にもこだわり,花を飾り,室内をエレガントに整えて結婚生活を夢見ていました。

しかし病弱であるにもかかわらず,夜会の寵児として不摂生な生活を続けるショパンを見限ったマリアの両親は,一方的に婚約を破棄します。

ロンドンへ傷心旅行

1837年7月には,ピアノ製造業者で友人でもあったプレイエルと一緒にロンドンへ傷心旅行に出かけています。

スポンサーリンク

ショパンとサンド【マジョルカ島への旅】

マリアとの婚約がなくなったことを知ったジョルジュ・サンドの積極的なアプローチにより,1838年の春ごろには ショパンとサンドは急速に親しくなりました。

そして1838年11月,ショパンとサンド,サンドの2人の子どもたち,兄モーリスと妹ソランジュ,そしてサンドの小間使いたちとともにマジョルカ島へと旅立ちました。

ショパンとサンドの一行は1839年の10月11日にパリに戻ってくるまで,凄絶で劇的な1年間を過ごすことになります。
9年間におよぶ 音楽史上最も有名なロマンスの始まりでもありました。

マジョルカ島への旅
  • 1838年10月30日 スペイン国境付近でショパンとサンド一行が落ち合う。
  • 11月2日バルセロナに入港。
  • 11月8日マジョルカ島のパルマに到着。別荘を借りてしばらく滞在。
    • ショパン一行はこの別荘を「風の家」の愛称で呼んでいました。
  • 体調を崩したショパンを往診した医者に「結核」であると診断される。
    • 当時の治療法は,瀉血しゃけつ(腕や足を切って大量出血させる治療法)と下剤を飲ませて断食させるというのが主流でした。結核の診断を信じなかったサンドが医者の治療を拒否したことで助かりましたが,サンドがいなければ意志の弱いショパンは医者の言うなりになって,ここで命を落としていた可能性が高いです。
  • 「結核」であるというウワサを聞いた家主から,家の消毒代とショパンが使用したベッドの焼却費用,そして新しいベッドを購入する代金の請求書と退去命令が届き「風の家」を追い出される。
  • 予約しておいたヴァルデモーザ修道院へ移るが,冬の悪天候からショパンは本格的に体調を崩し喀血を繰り返す。
    • 前衛的なサンドの佇まいと,肺病に対する迷信的な恐怖が,島民を異常なほど恐れさせ,食材の買い出しにも苦労する状況に陥ります。そんな中でもサンドは栄養ある食事でショパンを介護し,作家としての仕事もこなしました。
  • 1839年1月5日 税関に長く押さえされていたショパン愛用のプレイエルのピアノがようやく届く。
    • このピアノは今でもマジョルカ島にある博物館に展示されています。
  • パルマから船で出港し2月14日にバルセロナへ入港する。
    • 村民は馬車を貸してくれず,ショパンはスプリングのない荷車に載せられて港まで運ばれました。パルマから出港した船でも「結核だから」という理由で百頭のブタと同じデッキに乗せられます。
  • 2月22日 バルセロナを出港し2月24日にマルセイユへ到着。マルセイユに数ヶ月滞在して静養する。
    • マルセイユの温和な気候とサンドによる献身的な看護によりショパンは健康を取り戻しました。
  • ショパンが健康を取り戻すとマルセイユを発って,6月1日にノアンにあるサンドの別荘に到着する。
    • 以降,毎年夏になるとショパンとサンドは ノアンの別荘で過ごすのが 恒例となります。
  • 10月11日 約1年ぶりにパリに戻り,サンドとショパンは一緒に暮らすようになる。

ヴァルデモーザ修道院

スポンサーリンク

ショパンの住居【サンドとの生活】

ノアンにあるサンドの別荘

Nohant 06 2009.jpg
Di <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Manfred_Heyde” title=”User:Manfred Heyde”>Manfred Heyde</a> – <span class=”int-own-work” lang=”it”>Opera propria</span>, CC BY-SA 3.0, Collegamento

Maison de George Sand, chambre bleue.jpg
By <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Eunostos” title=”User:Eunostos”>Eunostos</a> – <span class=”int-own-work” lang=”en”>Own work</span>, CC BY-SA 4.0, Link

ノアンにあるサンドの別荘は,サンドが祖母から相続した大邸宅で 部屋数が20もある瀟洒しょうしゃな建物でした。

ショパンは1839年6月にはじめてノアンで過ごして以降,毎年夏はノアンの別荘でサンドと共に過ごすのが恒例となりました。

気候が良く,田園の静けさに満ちたノアンの別荘で,ショパンは作曲に専念することができました。
ショパンが遺した名曲の数々は,その多くがノアンで作曲されたものになります。

ショパンがノアンで過ごした夏
  • 1839年 6月~10月
    この年ノアンで書かれた主な作品
    ピアノ ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.35
    スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 Op.39

    マズルカ Op.41-2,Op.41-3,Op.41-4
  • 1840年の夏は経済的な理由から,ノアンに滞在することができませんでした。
  • 1841年 6月~11月
    この年ノアンで書かれた主な作品
    幻想曲 ヘ短調 Op.49
    タランテラ 変イ長調 Op.43
    ノクターン Op.48-1,Op.48-2

    プレリュード 嬰ハ短調 Op.45
    • 8月には歌手のポーリーヌ・ヴィアルドが遊びに来ています。
    • ショパンは精神的に不安定だったようで,神経質になっていることが多く,些細な事から ショパンとサンドの間に初めての言い争いが起こりました。
  • 1842年 5月~9月
    この年ノアンで書かれた主な作品
    ポロネーズ 変イ長調 Op.53『英雄ポロネーズ』
    バラード 第4番 ヘ短調 Op.52
    スケルツォ 第4番 ホ長調 Op.54

    即興曲 第3番 変ト長調 Op.51
    • 6月にドラクロワが滞在しています。この年の夏に書かれた作品が豊作だったのは,ドラクロアからの刺激と影響があったと言われています。
    • 7月にはロジエール嬢が遊びに来ています。
  • 1843年 5月~
    この年ノアンで書かれた主な作品
    子守歌 変ニ長調 Op.57
    マズルカ Op.56-1,Op.56-2,Op.56-3
    ノクターン Op.55-1,Op.55-2
    • この夏は,演奏旅行のポーリーヌ・ヴィアルドから 生まれたての娘ルイーズを預かり,心穏やかに暮らしました。
      この夏書かれた作品も,穏やかな小品をたくさん作曲しています。
  • 1844年 5月~11月
    この年ノアンで書かれた主な作品
    ピアノソナタ ロ短調 Op.58
    • 1844年5月3日,父ニコラスが74才で亡くなり,ショパンは体調を崩して寝込んでしまいました。
    • ノアンに来ても一向に回復しないショパンでしたが,7月に姉ルドヴィカがパリ,そしてノアンを訪れ,姉と14年ぶりの再会を果たしたショパンは元気を取り戻しました。
  • 1845年 6月~11月
    この年ノアンで書かれた主な作品
    幻想ポロネーズ 変イ長調 Op.61
    舟歌 嬰ヘ長調 Op.60

    マズルカ Op.59-1,Op.59-2,Op.59-3
    • サンド親子の内紛に巻き込まれ,不快な日々を送ります。
    • 体調も優れず,精神的にも辛い日々を過ごしながらも,後期の傑作を生み出しています。
  • 1846年 5月~10月
    この年ノアンで書かれた主な作品
    チェロソナタ ト短調 Op.65
    ノクターン Op.62-1,Op.62-2
    マズルカ Op.63-1,Op.63-2,Op.63-3
    ワルツ Op.64-1『小犬のワルツ』,Op.64-2,Op.64-3
    • この夏が ショパンにとって生涯最後のノアン滞在となりました。
    • 諍いの絶えない生活に疲弊しながらも,晩年の名曲を生み出しました。
    • この年,小犬の「マルキ」がノアンでの生活の一員に加わり,「小犬のワルツ」を書くきっかけとなりました。
  • 1847年
    • この年の夏も,7月ごろからドラクロワと共にノアンを訪れる予定にしていました。しかし7月24日にショパンからサンドへ送った手紙が二人の訣別を決定づけ,7月28日にサンドからショパンへ送った手紙によって 二人の関係は終わり,ショパンは二度とノアンを訪れることはありませんでした。

トロンシェ通り5番地【1839年~1841年 ショパン;29才~31才】

サンド親子とのマジョルカ島滞在で瀕死の状態におちいったショパンでしたが,サンドの献身的な看護のおかげで健康を取り戻します。

ノアンにあるサンドの別荘で穏やかに過ごしながら二人は仲を深めていき,パリでの新しい生活を計画し,学生時代からの友人,ユリアン・フォンタナに新居探しを託します。

フォンタナがショパンのために見つけたのはトロンシェ通り5番地にあるアパートの2階でした。
なお,トロンシェ通りはショパンの葬儀が行われたマドレーヌ寺院のすぐ裏手にあります。

1年ぶりにパリへ戻ってきたショパンとサンドは,社交界のゴシップを避けて別々に居を構えます。
サンドはトロンシェ通りからは少し離れたピガール通り16番地に住むことになりました。

トロンシェ通りもピガール通りもショセ・ダンタン通りに比べれば庶民的な街で,社交界から少し距離を置こうとしていたのかもしれません。

ショパンはトロンシェ通りの自宅で貴婦人方へのレッスンを終えると,ピガール通りのサンドのアパートで一緒に過ごすようになります。

フォンタナが苦労して探したトロンシェ通りのアパートは,ピアノのレッスンをするためだけの部屋のようになってしまいました。

やがてトロンシェ通りのアパートはかつてのルームメイトであるヤン・マトゥシンスキに譲ってしまい,結局はピガール通りのサンドのアパートで一緒に暮らすようになりました。

ピガール通り16番地【1841年~1842年 ショパン;31才~32才】

※ピガール通り16番地 は,現在のジャン=バプティスト通り20番地 にあたります。

トロンシェ通りからピガール通りのサンドのアパートへ居を移し,ショパンはサンド親子と4人で暮らすようになりました。

現在,門のところには「1839年から1842年まで,ショパンとサンドがここに暮らす」と書かれたプレートが設置されています。

1842年3月には結核で危篤状態だった かつてのルームメイト,ヤン・マトゥシンスキを自宅に迎え入れ,懸命な看護も虚しく帰らぬ人となりました。

苦しみぬいて死んでいくヤンの最期を見守りながら,同じ結核に罹っていることをうすうす分かっていたであろうショパンは,自分にも同じ運命が待っていることを切実に感じたに違いありません。

スクワール・ドルレアン 9 番地【1842年~1849年 ショパン;32才~39才】

※現在のデブー通り80番地にあたります。

スクワール・ドルレアンはロの字型のアパートで,芸術家が集まって暮らしていました。
サンドの親友であったマダム・マルリアニの好意で,ショパンとサンドはスクワール・ドルレアンに居を構えることになります。

ショパンは1842年から1849年までこのアパートに住んでいました。
ショパンがパリで最も長く住居とした場所になります。

1841年に完成したばかりのアパートで,当初は「シテ・デ・トロワ・フレール」と呼ばれていたそうです。
中庭の芝生と噴水は1856年に設置されたもの とのことで,ショパンが暮らしていたころはなかったようです。

現在は銀行の所有となっているとのことです。

ショパンが住んでいたのは南西の角にあたる9番地で,サンドが住んでいたのは北東の角にあたる5番地でした。
二人の部屋の間にはマダム・マルリアニの部屋があり,ショパンは自室で作曲とレッスンに集中し,マルリアニの部屋で揃って食事をする習慣となりました。

このアパートには他にも,作曲家シャルル=ヴァランタン・アルカンやピアニストのカルクブレンナー,歌手ポーリーヌ・ヴィアルド,彫刻家のダンタンなど錚々たる芸術家が暮らしていたそうです。

スポンサーリンク

イギリスへの演奏旅行

スターリング 1830年頃 ドゥヴェリア作
スターリング 1830年頃 ドゥヴェリア作

1847年7月,ショパンとサンドは訣別します。

1845年の夏をピークにしだいに楽想の枯渇があらわれ始めていたショパンですが,いよいよ何も浮かばず,全く作曲ができなくなってしまいました。

病魔はショパンの身体も精神も蝕み,咳と喀血に苦しみ悩まされるようになります。

そんな死期近いショパンを最期まで支えたのがジェーン・スターリング嬢です。

スターリング嬢はショパンがレッスンをしていた上流階級の令嬢の一人でした。
大変裕福なスコットランドの領主の令嬢でした。

ショパンを崇拝していたスターリング嬢は,献身的に尽くし,物質的な援助も惜しまず 秘書のようなこともこなしました。

スターリング嬢にはキャサリン・アースキン夫人という 金持ちと結婚したものの 夫に先立たれ 未亡人として暮らしていた姉がいました。
アースキン夫人はショパンに熱烈な恋心を抱く妹を応援していました。

1848年の二月革命の騒ぎを避けるため,スターリング嬢はショパンを故郷イギリスへと誘います。

スターリング嬢とアースキン夫人は,旅行に必要な準備から旅費や宿泊先まですべて整え,ショパンとともにイギリスへ出発します。

19世紀のロンドン
19世紀のロンドン
1848年 イギリスへの演奏旅行
  • 1848年4月19日 パリを出発
    • パリを出発してロンドンへ向かいます。
    • 当時のイギリスはすでに全土に鉄道網がはりめぐらされていました。
      1837年にマリアに振られた傷心旅行でロンドンを訪れたときは馬車の旅でしたが,今回は汽車の旅となりました。
  • 1848年4月20日 ロンドンに到着
    • ロンドンのブリッジ駅に到着。
    • 姉妹が心をこめて部屋を準備していましたが,ショパンは気に入らなかったようで,ロンドンで知り合ったポーランド人に頼んで 別の部屋に引っ越してしまいました。
    • スターリングとアースキン姉妹は「大芸術家がパリから来たる」と大々的に新聞広告を出し,レッスン生を募り,演奏会の準備に入ります。
      しかし体力も気力も衰えたショパンにとっては迷惑でしかありませんでした。
  • 1848年5月15日 ヴィクトリア女王の前で御前演奏
    • サザランド公爵夫人の夜会に招かれます。
      そこには公爵夫人の親友だったヴィクトリア女王と その夫アルバート殿下,他にも王族など名士が招かれていました。
    • ショパンはサザランド夫人から紹介され,ヴィクトリア女王の御前でマズルカやワルツなど自作を数曲演奏しました。
  • 1848年6月23日 ロンドンデヴューコンサート
    • サートリス夫人の自邸で,ショパンのロンドンデヴューコンサートが開かれました。
    • ショパンの強い希望で,ホールではなくサロンで開催されました。
      座席は150だけでしたが,高額なチケットは完売し,演奏会は大絶賛となります。
  • 1848年7月7日 ロンドンでの2回目の公演
    • ロンドンでの2回目の公演を,ロード・ファルマス伯爵のサロンで行いました。
    • ここでも高額なチケットは完売し,演奏も大好評となりました。
  • 1848年8月5日 カルダー邸へ
    • スターリング嬢に招かれて,スコットランドのエディンバラ近郊にある スターリング家所有の カルダー邸に滞在しました。
  • 1848年8月28日 マンチェスターでの演奏会
    • ロンドンでもレッスンによる収入を得ていたショパンですが,ロンドンの生徒たちはあまり熱心ではなく,またロンドンの物価も高かったため,贅沢な暮らしに慣れていたショパンは生活に不安を抱えていました。
      大きなホールでの演奏会を頑なに拒んでいたショパンですが,冬越しの収入を得るために,煤煙のひどい工業都市マンチェスターでの演奏会に出演しました。
    • 1500人ほどの聴衆の前での演奏でしたが,聴衆は中産階級の人々がほとんどで,出演料はロンドンでの演奏会の半分にしかなりませんでした。
    • また,心配していた通り 大きなホールではショパンの繊細な演奏は効果が上がらず,よく聴こえなかったなどと批判されます。
  • 1848年9月 ジョンストン城へ
    • マンチェスターからスコットランドのグラスコー近郊にあるジョンストンへ向かいます。
      ジョンストンにはスターリング嬢とアースキン夫人の姉のアンナ・フーストンが立派な城に住んでおり,ジョンストン城と呼ばれていました。
    • ショパンはこの城に3週間ほど滞在しています。
  • 1848年9月27日 グラスコーで演奏会
  • 1848年10月 キア・ハウスへ
    • スターリング嬢の父方の親戚の館,キア・ハウスへと連れて行かれます。
    • ショパンを崇拝し,親切心からあちこちへとショパンを連れ回すスターリング姉妹ですが,ショパンは疲れ果て,いよいよ回復不可能なほどに体調が悪化していきます。
  • 1848年10月3日 エディンバラで演奏会
    • エディンバラでは医師に治療を受けますが,ショパンは弱りきっていて,階段の上り下りも一人ではできないほどだったとのことです。
    • スコットランドでの生活に疲れ限界だったショパンはパリへ向かいます。
      しかし帰途,ロンドンで倒れてしまいます。
  • 1848年11月16日 生涯最期の公開演奏
    • 最後の力を振り絞るようにロンドンのギルドホールで最後の公開演奏を行いました。
      これはポーランドの避難民のための慈善演奏会で,無報酬での出演でした。
      そして,この慈善演奏がショパンの生涯最後の公演となりました。
  • 1848年11月24日 パリへと戻る

カルダー邸

ジョンストン城

キア・ハウス

Keir House - geograph.org.uk - 187323.jpg
By Andrew Smith, CC BY-SA 2.0, Link

スポンサーリンク

ショパンの住居【サンドとの破局から 亡くなるまで】

シャイヨ通り74番地【1949年5月~9月 ショパン;39才】

※シャイヨ通り74番地は現在のカンタン・ボシャール通り12番地のあたりだそうです。
エッフェル塔や凱旋門の近くですが,当時は郊外の閑静な区域だったようです。
現在では建物も区画もなくなっています。

1848年の11月の終わりにパリへ戻ってきたショパンですが,パリについたときには 歩くのもままならぬほどのやつれようでした。

パリで出迎えたグジマワやロジエール嬢など友人に抱えられてスクワール・ドルレアンの自宅に戻るとそのまま病床に倒れてしまいます。

1849年の5月から6月に パリではコレラが流行し,田舎へ逃れる人が多くいました。
ショパンも医者のすすめで,郊外のシャイヨに引っ越します。

シャイヨの家は牧場や緑に囲まれた丘の上の2階建ての家で,その家賃も400フランと高額でしたが,
この家を用意した公妃がショパンには内緒で家賃の半額を負担して「200フランで安く借りることができた」と伝えていたそうです。

シャイヨの家だけでなくパリの家も借りたままになっていて,その家賃だけでも大変なものでした。
医者の往診料もかさみます。

このときも経済的な支えとなったのはジェーン・スターリング嬢でした。
スターリング嬢が2万5000フランもの援助を持ちかけ,そんな大金をもらうわけにいかないと言っていたショパンですが,結局は1万5000フランを受け取っています。

シャイヨでの暮らしが体調を回復させると期待されましたが,6月21日にひどい喀血を2度もおこしてしまうなど,病状は悪くなる一方でした。

ヴァンドーム広場12番地【1849年9月~1849年10月17日 ショパン;39才】

医者たちが,この夏は旅行に行かずに日当たりの良い部屋に住んでパリにとどまるべきだと言ったため,9月にはヴァンドーム街12番地にある陽の当たる7部屋もあるきれいなアパートに引っ越します。
その賃料はとてもショパンに払えるものではありませんでしたが,スターリングが肩代わりしました。

引っ越した当初は家具を注文したり,室内コンサートが開けるように計画を立てたりしていましたが,やがて病状は悪化してアパートから一歩も出れなくなってしまいます。
ヴァンドームのアパートには姉のルドヴィカも一緒に住んで看病にあたりましたが,部屋から部屋へ歩くこともままならないほど衰弱していました。

フランショームに宛てた9月17日の手紙が,フレデリックの最後の手紙だとされています。短い手紙で弱々しいながら,相変わらず美しく上品な筆跡だったそうです。
その手紙にはヴァンドーム街12番地に引っ越した顛末が書かれていました。

1849年10月17日,ショパンは ここヴァンドーム街12番地の自宅で,ごく親しい友人や親族数人に囲まれながら,息を引き取りました。

ヴァンドーム街12番地は,現在はショーメという宝石店になっています。
ヴァンドーム広場に面した外壁のプレートには「ポーランドのジェラゾヴァ・ヴォラで生まれたフレデリック・ショパンは1849年10月17日 この館に死す」と刻まれています。

今回は以上です!

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました。

 
ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。
ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか,fchopin.net ドメインが閲覧できるように設定してください。
 
『ショパン・データベース』は個人が運営しています。
当サイトの管理運営のためにサーバーレンタル代などの経費がかかっているとともに,多大な労力をかけて記事を作成しています。
 
ご訪問くださった皆さんに無料でアクセスいただくことができるのは,当サイトへの広告のおかげです。
 
下にある「閉じる」をクリックしていただければ,このまま何もしなくても記事を閲覧いただくことができますが,
できれば当サイトの存続のために,fchopin.net では広告ブロックを使用しないでください

タイトルとURLをコピーしました
目次
  1. ショパンの住居 ポーランド時代【誕生から 20才まで】
    1. 【ショパンの生家】マゾフシェ県のジェラゾヴァ・ヴォーラ村
    2. サスキ宮殿【1810年~1817年 ショパン;0才~7才】
    3. カジミェシュ宮殿【1817年~1827年 ショパン;7才~17才】
    4. クラジンスキ宮殿(チャプスキ宮殿)【1827年~1830年 ショパン;17才~20才】
  2. ショパンの旅 ポーランド時代
    1. 1822年夏 生家 ジェラゾヴァ・ヴォーラを訪れる
    2. 1824年夏・1825年夏 夏休みをシャファルニアで過ごす
    3. 1826年夏 ドゥシニキへ湯治の旅
    4. 1828年9月 ベルリンへ 初めての国外旅行
    5. 1829年夏 ウィーンへ 演奏旅行
    6. 1830年夏 生家 ジェラゾヴァ・ヴォーラへ
  3. 祖国を旅立ち パリに流れ着くまで
  4. ショパンの住居 パリ時代【20才~サンドと出会うまで】
    1. ポワソニエール大通り27番地【1831年~1832年 ショパン;21才~22才】
    2. シテ・ベルジェール4番地【1832年~1833年 ショパン;22才~23才】
    3. ショセ・ダンタン通り5番地【1833年~1836年 ショパン;23才~26才】
    4. 【1835年夏・1836年夏の旅】マリアとの出会いと婚約
    5. ショセ・ダンタン通り38番地【1836年~1839年 ショパン26才~29才】
      1. ロンドンへ傷心旅行
  5. ショパンとサンド【マジョルカ島への旅】
    1. ヴァルデモーザ修道院
  6. ショパンの住居【サンドとの生活】
    1. ノアンにあるサンドの別荘
    2. トロンシェ通り5番地【1839年~1841年 ショパン;29才~31才】
    3. ピガール通り16番地【1841年~1842年 ショパン;31才~32才】
    4. スクワール・ドルレアン 9 番地【1842年~1849年 ショパン;32才~39才】
  7. イギリスへの演奏旅行
    1. カルダー邸
    2. ジョンストン城
    3. キア・ハウス
  8. ショパンの住居【サンドとの破局から 亡くなるまで】
    1. シャイヨ通り74番地【1949年5月~9月 ショパン;39才】
    2. ヴァンドーム広場12番地【1849年9月~1849年10月17日 ショパン;39才】